2009年11月04日

09カフェカブ 帰路編

今回で本当にカフェカブ関連はおわりです。

写真がない上に、超長いです。
記事をたたみたいんだけど、ブログのやりかたが、よくわかんないので長いまま載せちゃいます。

例年だとカフェカブ後、久しぶりに会ったカブ友達たちとファミレス等で夕食をしながら色々話し込むのですが、今回は夜に雨が降る予報だったので、さっさと解散しました。

様々な取材も終わり、いろんな人に挨拶したあと「ではっ!」ってな感じで、246を快調にバイクでぶいーんと走ります。

なんつったってオレのカブは、エンジンもパワーアップしてるからね。
カフェカブ参加者と思われるカブをガンガン抜いてぶっ飛ばします。


ところが・・・

多摩川を渡る橋の手前で、エンスト。
何度キックしてもエンジンがかかりません。

原因は、ただのガス欠・・・・・・



あああああああ!
ちょうダセー!!!!!!!!
めっちゃかっこわるい!!!!!!!!


せっかく6位に入賞したのに。


しかたなく路肩に寄せようかなと思っていたところ、ついさっきぶち抜いたカフェカブ参加者であろうカブ乗りに「大丈夫ですか?」と声をかけられました。

「あ、ただのガス欠です、大丈夫です。」っとクールに答えた。
が、台詞がクールじゃねぇよ!

自分でいうのもなんだけど、オレのカブは目立つし、しかもついさっきステージ上でインタビューとかされてた訳です。

ぜったい、「うわぁ、ダッさ。」って思われただろうな。


と、この時点で6位入賞で高揚した気分はおしまい。

とてつもない、後悔の念で一杯です。
でも、悪夢はまだ終わりません、むしろココからが本当の悪夢でした。


その後、しかたなくガソリンスタンドを目指し、バイクを押しながら歩きます。

そして、その横を、おそらく先ほどまでカフェカブに参加していたであろうカブにガンガン抜かれます。


で、何度も言いますが、オレのカブは目立つし、さっきステージ上でかっこつけてインタビュー受けた後です。
そうじゃなくても、道をバイクが押してあるいてれば目立つし、ガス欠にしろ故障にしろ「かわいそう」という同情的な視線や「ガス欠?だっさいなぁ」っていう感情の対象になります。


抜きさっていったカブの人たちも、すくなからず気づいたことでしょう。

そして、心の中で「あ、6位の人だ、ださっ。」ってつぶやいた事でしょう。

このまま多摩川に飛び込んで泳ぎたい気分です。


そして246をそのまま押して歩いて渡るわけにはいかないので、測道をおりて二子玉川駅前を押して歩きます。



でも、どこにガソリンスタンドがあるかわかりません。
駅前は高島屋があったりでガソリンスタンドの気配すらありません。


しかたなく、そのまま川をバイクを押してあるきながらわたります。


いくら、秋とはいえ、バイクに乗るために上下にヒートテックを潜ませレザーライダースを着ているオレは、もう汗びっしょりです。。。。


一歩一歩進むたびに、テンションが下がり疲れがたまっていきます。


なんとか川を渡り終えたところ、二子新地のあたりで交番を発見。

息をきらしながら「ここから一番近いガソリンスタンドはどこですか?」っと道をききます。

そしたら、警官と通りがかりのおじさんに、「246までいって左にいったとこにありますよ、だいたい1kmくらいかな?」と教わりました。


助かったぁ!
という思いでいっぱいでした。

あと1kmと思いながら、またバイクを押してそのガソリンスタンドへ向かいます。

246の川を渡った地点にたどり着き、言われた通り左にまがって進みます。


そして、見えました、ガソリンスタンドが!

やった!

やっと動きにくいライダースジャケットで、この重たいバイクを押しながら歩くという重労働から解放される。

その喜びで一杯になりかけた瞬間でした。


そのガソリンスタンドは、道の反対側にありました。
そして246、渡る手段は歩道橋のみ、しかもガソリンスタンドをこえて、ガソリンスタンドへ戻らなくてはなりません。

Fxxk!!!!!!!!!!

なんでだよ!!!
くっそ!!

基本的に246の下り方向は上り坂です。

もう限界が近いくらいに疲れていました。


でも、悩みましたが、いくらなんでも歩道橋をバイク押してわたるのは無理。
上り車線側にガソリンスタンドがある、そしてわたる手段はない。
でも上り車線にあるんだからもう少しいったら下り車線にもガソリンスタンドがあってもいいはず。


意をけっして、またバイクを押しながら基本上り坂の246を歩き始めます。


ところが・・・・・・・・




歩いても

歩いても

歩いても、

ガソリンスタンドがねぇ。

Fxxxxxxxxxxxxxxxxxxxk
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



もうね、本当にイヤになりました。

もう、汗だくだし熱いし疲れたし、でもバイクをおいて行く訳にはいかないし、その間にもカフェカブ参加者と思われるカブにガンガン抜かれるし。



でも、もはや引き返すわけにも行きません。

ちょっと距離はあるけど、もうちょっといったところにガソリンスタンドがあるのは知っていました。

もう一踏ん張りとおもってバイクを押し、歩き続けます。


そして・・・・・



うろ覚えでしたが、やっぱり下り車線にありました、ガソリンスタンド。
最近246走ってないのに覚えていた、オレ偉い。



でも、



そのガソリンスタンド、




つぶれてました。








Fxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxk
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ふざけんな!

もう、こっちは限界なんだよ!!!!!!

もう嫌だ!!!!!!!!!!!





っと、ひとしきり怒りが落ち着いたところで、まぁ、ガス欠なんて自業自得ですから、やり場のない怒りより対処法を考えるために、一服しようとおもい、タバコ入れを、ポケットからとりだしました。



そしたら、タバコない。。。。。


うぜぇ!!!!!!
くっっそぉぉおぉぉぉっぉ!!!!

誰だよ、ってオレなんだけど絶対に悪い何かに浸かれている気がしてならない。



そういえば、カフェカブの会場で最後の1本をすったけどさ。



仕方なく、バイクを一時おいて近くに自販機やコンビニを探すものの見あたらず。


タバコはおろか、水分の補給すらできません。



もう、オレは運命を呪う気分でした。


体力も限界だったので、しかたなく潰れたガソリンスタンドの前で、バイクに座ってしばし、休息というか、放心状態。


だって、そこから先は激しい上り坂なんだもの。




でも、しかたない。

夜には雨が降る予報だ。

「頑張れ、オレ。」と自分に言い聞かせて、バイクをおし、上り坂を歩き始めます。


記憶をたどっても、しばらくガソリンスタンドがないことは分かっていました。



でも、一歩一歩確実に、前に、前に進みます。

着実に、家に近づきます。




そして、先の方に、ガソリンスタンドの看板が見えました。



あそこだ。

今日のオレのゴールはあそこにある。


もう、見える距離まできている。




最後の力をふりしぼり、ちょっと進みます。

今回は、ほんとうに少し進んだだけで、気がつきました。







またしても上り車線側で、わたる手段なし。






FXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXK
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





神よオレが、いったい何をしたというのだ。


道を聞いて教えてもらったガソリンスタンドは反対車線でわたれない位置。
なんとなく覚えていたのを便りに頑張ってたどりついたガソリンスタンドは潰れている。
その後、満身創痍で歩き続けてやっと見つけたガソリンスタンドは、またしても反対車線でわたれない位置。



ついてないにもほどがある。



しかしながら、この道は、オレの家につづく道。
その途中には、確実に何個かガソリンスタンドはある。



もはや、力はのこっていなかったが、他に方法もないので、またしても汗だくのままバイクを押して歩き続ける。



そう、この長い道のりにも、いずれはゴールがくるのだ。





そして、


重たいバイクを押しながら、汗だくで1時間半ほどあるいたところで、やっと反対車線にガソリンスタンドを発見、しかも横断歩道の近く。


そんなこんなで、帰ってきた我が家。

太もも、腕、背中がわの肩甲骨あたり、あらゆる筋肉は悲鳴をあげ、筋肉痛になり、体中がきしんだ。

そして、一服しようと、タバコケースをとりだし、、、、、、、



もう、想像つくよね?


でもさ、言い訳になるけど、本当にね、そんなこと忘れるくらいに歩く事に必死だったんだよ。

そして、それこそ無心に、一歩一歩、力を振り絞ってあるいたんだよ。



自分の部屋で、この日最後の叫び。




Fxxk・・・



もはや叫ぶ気力もなし。





その後、水分補給して、息がととのってから、近所のコンビニへいきタバコを購入。



で、そういえば、釘がタイヤにささっていた事をおもいだし、自宅駐車場で、抜いてみると、勢い良く空気がぷしゅーっと音をたてて、抜けて行きました。


その、音をききながら、一服し、タイヤから漏れる空気のごとく、オレの残りわずかな生命の輝きも身体からぷしゅーっと音を立てて抜けていきました。














という一連の状況を知った某有名カブブロガーが、たった数行に編集してくれました。


帰り道にガス欠して、ガソリンスタンドまで1時間半程カブを押してR246を歩き、カフェカブ参加者と思われるカブにガンガン抜かれて、家に着いてから後輪に刺さっていた釘を抜いたら案の定パンクした。


Fxxk!


次回!

は、ねぇ!!!

もう、カフェカブなんてまっぴらだ!!!!!!!

ファッキン!!!!!!!!!!!
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

09カフェカブ 6位受賞編

カフェカブミーティングでは、人気投票というのがあります。
参加者が「これっ!」っていうカブに投票して、上位は表彰されます。

そして結果・・・・・・

40099037_1753430485.jpg

なんと、僕の愛車が、みごと第6位になりましたー。
パチパチパチパチー(※拍手してください。)

近年のカフェカブはハードカスタム系は敬遠されがちで、組織票なしで6位っていうのは、本当に嬉しかった。

テレスコ等のホンダ的にはやめて欲しそうなカスタムで6位っていうのは、6位以上の価値があると自分で勝手におもってます。


40099037_2936246998.jpg

で、沢山の参加者が見守る中、ステージ上にあげられて奇麗なおねーさんからインタビューされました。

バンドやっててステージ慣れしているせいか、まったく緊張感もなく普通にトークしてきました。

おねーさん「かわいいカブですね〜」
オレ「かわいいでしょ?」
って感じで自分と自分のカブが大好きっていうのを、大勢の前でアピールできて大変満足しました。

行ってよかった(笑)

投票してくれた参加者の皆様、ありがとうございました!

カフェカブレポはまだおわりません。
次回は帰路にあった大冒険です。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

09年カフェカブ カスタム車両編

09カフェカブで、気になったカブの紹介。

※使用している画像で、俺のを勝手に載せるな!って方がいらっしゃいましたら、コメント欄より連絡ください。

一台目に紹介したいのは、コレ!

40099037_1820206213.jpg

リトルカブをさらに小さく、短くした、言うなればリトルリトルカブ。
10インチのタイヤ、それにあわせてフロントもリヤも短く、小さく。

フロント側はフレームカットで詰められるけど、リヤまわりまでホイールにあわせて、スイングアームやフェンダーを切ったり、溶接してつないだりの、メタルワークとは恐れ入りました。

こんだけ小さくしても、ちゃんとカブに見えるようにっていうコンセプトどおりとっても小さいけど、ちゃんとカブですごくカワイイ感じだった!
かなりハードなカスタムをしてるんだけど、そうみえないとこが、また良い!

ちなみにコレが人気投票で見事1位だった車両でした。
優勝も納得のハイクオリティーなカスタムカブでした。


次々いきます。2台目はこちら!

40099037_2499321217.jpg
40099037_478034626.jpg
40099037_1173632760.jpg
40099037_3800589280.jpg

リンクにある「皮カブ的な日常」のSoogieさんのカブ。
※バイクを見ると「革」なんですが、慣例としてリンク等では「皮」とさせていただいております。

カブ自体はノーマルにみえるけど、実はすごくカスタムされています。
これも、かなりいじってるのに普通っぽくみえるところが良いですね。

で、革カブたるゆえんはやっぱり革!
なんと、ほとんどの部分が上質なヌメ革の本革でくるまれています。

シートやレッグシールド等の大物はもちろん、エンブレムなどの凹凸の細かい部分や、なんとリヤサスペンションのスプリングまで本革でくるまれてます。

手入れは大変そうですが、年々革も良い色にやけてきて、ほんとうに渋くてかっこいい大人のカブって感じ。

レザークラフトの技術がプロ並みで、これまた本当にトータルでの完成度の高いカスタムカブです。


3台目に紹介したいのはこちら!

40099037_3365311601.jpg
40099037_2518119994.jpg

こちらは、目から鱗的なアイデアのカブ。
ノーマルは17インチのところを18インチにしてホイールを大きくして、その分フェンダーとかがタイヤに深く被るので、まるでローダウンしたかのように見せかけているのです!

アップでとったフロントは、サイクルフェンダーがサスペンションの動きにあわせてフェホイールと一緒に動くようになってるから、タイヤとフェンダーの隙間がギリギリ!
リヤ部分の写真とりわすれて残念だったぁー!

全体像が移せなくて雰囲気がつたえられませんが、これもカブらしさを上手くのこしつつ、快適な乗り心地のままローダウンに見せかけてる、とってもまとまりのあるカスタムで、すごく良かった。


4台目はこちら。

40099037_1886834153.jpg

見ての通りカブがまっぷたつにぶった切られています!
折りたたみ自転車的な?って、ぜんぜんコンパクトになってないですよ!

でも、実際に走れて、分割もできるっていうのは、とってもすごい技術力。

これも組み立てたときは普通に見えて、このカスタムが役に立つのは、トラックに積む時くらいだろうけど、斬新なアイデアにびっくりしたカブでした。


ラスト5台目に紹介したいのはこちら!

40099037_705028320.jpg
40099037_1610453431.jpg
40099037_25655541.jpg

リンクにもあるコーンというショップのコンプリート車両。
ショップのコンプリートだから若干反則技だけど、さすがのクオリティ。

フレームのストレッチ、センスの良い位置に配置された小さなタンク、絶妙な取り回しで左側に出してるマフラー、そして、細部にいたるまでツルッツルにしあげられたスムージング。

この車両も、普通のカブにはあるはずの凸凹が、これでもかってくらい消し去られていて、奇麗なペイントも相まって本当にツルツル、さすがショップのプロクオリティ、さすがの完成度でした。


カスタム車両編はこの辺で終了。カフェカブレポはまだまだ続きます。
posted by いったんもめん at 21:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

09カフェカブ 参加してきたぞ編

青山のホンダショールームで、世界でもっとも沢山はしっているバイク、スーパーカブのオーナーミーティングがありました。

※使用している画像で、俺のを勝手に載せるな!って方がいらっしゃいましたら、コメント欄より連絡ください。


ショールーム入り口前のスペースに所狭しとカブずらり!

40099037_3103133996.jpg


表にならべきれずに裏にも!

40099037_761417679.jpg


どうやら280台をこえるカブが集まったようです!

40099037_1373842561.jpg


ちなみにオレはエントリーナンバー100番!

40099037_1513064467.jpg

キリ番ゲットで気分も上々!

ところが・・・・・

40099037_208528787.jpg

着いてみたら何と、オレのバイクのタイヤに釘が!!!!!
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!

でも、とりあえず空気が抜ける音はしなかったので、若干気分はへこみましたが、そのまんまそっと、しておきました。

世界中で何万というカブが現役で走っているだろう事を考えると、集まったのはほんの一部っていうことになるけど、ほんとうに沢山のカブがあって、さまざまな年代、それぞれのカスタム、個性豊かなカブを眺めるのは、カブ乗りとしては楽しいイベントでしたー。

カブに乗ってる人、カブを買おうかな?って思ってる人がいたら、来年は是非いっしょにいきませんか?

次回<カスタム車両編>につづく。
posted by いったんもめん at 21:45| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。