2008年11月23日

鍵屋

いらっしゃいませ。

すいません、アタシの鍵、壊れちゃったみたいななんですけど治りますか?

程度によりますが鍵屋ですからね、出来る限りの事はさせていただきますよ。

ここの鍵なんですけどぉー。

あちゃーっ、ソコの鍵ですかぁ。

治せないんですか?

いや、ね、なんと言いますか、その〜…。ソコの鍵が壊れちゃったお客様は大抵もっと深刻な顔して来ることが多いもので…。
正直申し上げて、お客様が「牛丼、並、ツユダクで」といった感じの、やわらかい調子で言われたので、少々びっくりしてしまいまして…。
あ、大丈夫、ご心配なさらずに、ちゃんと治りますよ。
ちょっと鍵、外しますねー。

ふーん。
ここの鍵って、そんなに深刻になる鍵なんですかー。
アタシなんか、つい最近まで鍵が壊れてる事にすら気付かなくて(笑)
友達に「うわっそれヤバくね?」とか言われて、何かそれ以上壊れる前に治しといた方がいーって言われたんで来てみたんですけど。

(笑)お客様、変わり者ですね。
AB型?…
いや、おおらかなO型?

ブーッ!
B型でーす。

あれぇ?
じゃあ変わり者のB型なんですね(笑)
はい、ほらすっかりキレイに治りましたよー。

あ、もう出来ちゃったのー?
鍵屋さんが、ここの鍵のお客さんは深刻な顔してくる事が多い何て言うから、てっきりアタシ何時間もかかるのかと思って、「帰り遅くなりそうだから、今日は晩御飯いらない」ってついさっきメールしちゃったじゃないですかー

それは、大変失礼致しました。
でもソコの鍵はとっても大事な鍵なんですよ。
大事な鍵だから修理に時間がかかるって訳でもなければ、それほど重要じゃない鍵だから修理が簡単という訳でも無いんです。
まぁ、なんと言いますか、ソコが鍵屋の腕のみせどころと言いますか、やりがいと言いますか、この仕事の面白いとこなんです。

ふーん。
でも治してもらったおかげで、すっごくキレー。
カワイー。

可愛いって(笑)
お客様やっぱり変わり者ですよ(笑)

試しに開けてみてもいいですかー?

もちろん。
お客様の鍵ですから開けるも開けないも自由ですよ。

うーん。
なんかそう言われると勿体ないような気がして開けたくなくなってきたー。

すいません(笑)
開けるも開けないも自由。
鍵屋の決まり文句なんです。

なるほどー。
でもさぁ、鍵屋さん、大抵のことって「自由だ。」って言われちゃうと逆に自由に出来ないもんじゃない?

面白い事を言いますねぇ、確かに言われてみればそんな気がしてきます(笑)
とはいえ、決まり文句は決まり文句ですからね。
たとえば、金田一少年の事件簿で「ジッチャンの名に賭けて!」ってセリフがなかったら、やっぱりなんかおかしいでしょう?

(笑)たしかにー。

とにかく、ソコは大事な鍵ですから、大切にしてくださいね。

こんなカワイーんだもん、大事にするよー。
でも、鍵屋さんのために、たまにどっか他の部分の鍵を壊してくるね。

いやぁ、確かに鍵が壊れなかったら私達の仕事は成り立ちませんが、無理に壊す事はありませんよ。
あ、もちろん鍵が壊れたらまた来てくださいね、いつでもお待ちしております。

えー、じゃぁさ、鍵がこわれてなくても、たまにのぞいてもいー?

もちろん、鍵がこわれてなくても、いつでもいらしてください。
それも、お客様の自由ですから(笑)

それも決まり文句なのー?(笑)
でも鍵屋さんいいセンスしてるよー。
いつもいってるいきつけの美容師より話がはずんじゃったじゃん。

そんなことを言われるお客様も初めてです。
やっぱり変わり者ですね(笑)
でも、そう思っていただけて、光栄です。

じゃぁ、またくるねー。
バイバイ鍵屋さん。

ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Diary&Etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。