2002年05月20日

やっとテレスコ化!

※昔過ぎて時期不明。例によってだいたいこの頃っていうUPです。

というわけで、バイク屋さんのパーツチョイスや溶接加工、配線やりなおし等々を経ていきなりテレスコ化完成。

stoper.jpg

ベンリーさんと同じ位置、同じ場所にストッパーを溶接し同色に塗ってペイントしてもらいました。

handlerock.jpg

ハンドルロックも元々カブについてたやつを移設してもらい、ハンドルロック用の穴をあけてもらいました。


で、レッグシールドですが、エアクリの蓋とフロント側はプランプランでした。
が、なんとか付きました。
こっから先は自分でやれって事らしいです。


写真はありませんが、Ape用のメッキライトとキタコのミニミニスピードメーター、あとキーボックスがちょうどいい位置についてて、カブサイズの太さのアップハンドルとカブのスイッチがつけられていました。

うーん。
ナイス。


で、帰ってさっそく、レッグカバーとエアクリのフタ部分にとりかかります。

regsute.jpg

コレが前側の取り付け。
噂のエアクリ穴から撮影。
レッグシールドはフレームよりかなり外側にありますので、適当にアルミのステーをうにゅーっと曲げてちょうどいい位置でネジ止め。

futacrose.jpg

で、問題のエアクリの蓋。
結構ちゃんと付いているように見えますが、
じつはすこーし隙間があります。
しかも手作り感満載。でも、いいのぱっと見平気だから。
取り付けは下部はステンレス製の蝶番を2つ組み合わせてあります。
上部はカギ用の金具で引っ掛けて閉まるようにしてあります。

futaopen.jpg

で、こんな具合にパカっとひらきます。
さてここの空間に何をつめようかな〜。
せっかく開けるようにしたので灰皿とかいいかな?



そして、ついでに、フロントのサスペンションが変わったので、リアサスも変えてみます。

実はエアクリと同時にアウトスタンディングのブラックショックをかっておいたのです。

カブラがついてるので、ついでって感じではやれないことが判明しましたが、その時点ではすでにカブラを外しかけていたので頑張って最後までやりました。

turing03_17.jpg

で、こんな漢字で完成。
結構キュートなルックスにしあがりました。
※写真はテレスコ後しばらく立った写真。この時期のカブの写真でロクなのが発掘できなかったので、これで。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。