2009年05月09日

勝手に Love Cub 50 プロジェクト

HONDAスーパーカブ誕生50周年を記念して、「Love Cub 50 プロジェクト」なるものが、世の中にあります。

http://www.lovecub50.com/

簡単にいうと、各界のアーティストや、映画なんかとコラボしてオリジナルカラーのカブを作るっていう企画です。


オレは、自称アーティスト。
オレだって、ラブカブ50したい。

そんなこんなで、前回までではいろいろと手抜きになっていた部分を見直して、あらたなカラーリングを施して、素敵なカブにすることにしました。

ちなみに、前回(「08カフェカブ青山」間に合わせ仕様)は↓のような感じ。

22193248_1901967076.jpg

22193248_816449042.jpg

22193248_1361820769.jpg

ブラックにサイドカバーの白が浮いててあまりにカラーバランスが悪いので、ホワイトリボンタイヤに変更して、ついでに知り合いの絵描き・イラストレーターのyukiemに油性ペンキのペンで直書きでイラストを入れてもらいました。

22193248_3647277161.jpg

982212829_39.jpg

まぁ、予想どおりといえば予想どおりですが、油性のペンキペンだったので、この金色で入れた花柄は、みごと数日で擦れてなくなりました。


で、この時は締め切り(カフェカブ)に間に合わすために、とりあえず走れるようにナンバーやウィンカーつけただけ!みたいな感じでした。

ので、実は「リヤフェンダーほしいよなー」とか、「ハンドルストッパーの位置が気持ち悪いなー」とか、「ニュートラルランプつかないなぁ」とか、「これナンバーはずすと、ただぶった切っただけのカブフレームで非常に醜いよなぁ」とか、もろもろの不具合や、いい加減な仕上げ随所にあります。


アーティスティックとはほど遠いカブ。

でも、スタイルとかは大体いい感じだったので、コレをペイントメインで、カスタム。
バラバラにするついでにいい加減だったメタルワークの見直し、リヤフェンダー、エンジンパワーアップ、その他もろもろ!を行ってアーティスティックにしました。

で、バラしてから1年。
その間、走れる形になってたのはカフェカブ前後の1週間ほど。
今回こそは、完成しましたよ。
薄暗い駐車場でとってるから、ピント甘いけど、じゃーん!

22193248_3358804554.jpg

22193248_1751889075.jpg


22193248_2898754390.jpg

22193248_925346298.jpg

今回は、アメリカ西海岸、キャルルックと呼ばれるカスタムの流れを意識して、フレーム色はあえて下地に使うサーフェイサーのようなライトグレー。

タンクとサイドカバーは、絵描き・イラストレーターyukiem氏によるアートワーク。
手書きの風合いがナイス。

エンジンは超マッスルで、フレームもばっきばっきにいじってるけど、甘くてカワイイ外観。
ファンタジスティック!

もうね、かわいい。しぬほど。


でもね、残念な事実。
オーナーで、コレに乗る俺がアラサーのおっさん!ってことw

これってさ、たぶん女の子が乗ったら似合うとおもうんだよね。

っていうわけで、撮影用に女子スカウトしました。
(嘘です、カブ乗り友達と遊びがてらまたがっていただきました。)


22193248_2974059283.jpg


うん、これ絶対、女の子がのってたほうが似合うよね!
っていうかコレにオレがのってたら、若干きもちわるいよね。
っていうか、そんなのの周りを走るカブ友達が一番の被害者だよね。

大丈夫自覚してる。

でも、カブ乗りの友達のみなさん、オレの事嫌いになったり、ツーリングにこっそりオレだけ誘わないとか、そういうことしないでね。


今回は本当に色んな人のお世話になって、この形にできました。
ペイントしてくれたyukiemちゃん
フレーム加工でお世話になった方々。
いろんなところで、知恵や技術力をおかしいただいた、カブ仲間の皆様。
ありがとうございました!
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138686130
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。