2010年02月14日

手作り眼鏡教室

本日はバレンタインデーですね。
でも、バレンタインなんかとは全く関係ないエントリーします。

本日、渋谷のとある眼鏡ショップが主催している手作り眼鏡教室に仲良し仲間3人組でいってまいりました。

http://www.eyewearmebius.com/

なにやら100回記念とかで、いつもより安く参加可能とのことで、参加を決意。

1月の後半に直接お店にいって、素材や、フレームの形を決めました。

で、今日手作り教室に行ってみると、結構人が多い。

参加者は80人くらい。
さすがに眼鏡率が高いw

手作り眼鏡なんか作っちゃう人たちなので、結構洒落た眼鏡をかけてる人もおおかったなー。

で、まず眼鏡の歴史等の講義から始まりました。

講師のおじちゃんが、話ヘタなんだけど、眼鏡が大好きな職人さんって感じですっごく良かった。

で、手作り眼鏡は指定したデザイン、素材で下記の用な状態から始まります。

写真-1.jpg

量産品ではなく、板から切り出し、自信の手作業で、アールをつけたりフレームの厚さを調整したり、磨いたりします。

写真-2.jpg

320番、600番のサンドペーパーと万力ガ用意されております。

フレームはまさに切りっぱなしの板なので、バリをとったり、好みに応じて丸みをもたせたりします。

プラモデル感覚で、ガンガンけずります。
そして、神経質スキルを最大限に生かし、磨きまくります。

磨きおわったら、釜のようなものの中でフレームがグニャっとなるくらいまで温め、金型でカーブをつけます。

写真-4.jpg

2分ほど冷まして型からだすと、、、、、

写真-5.jpg

写真-6.jpg

立体的な、かなり眼鏡っぽい感じになります。

金型へのセットも自分でやるので、センターだしたり、水平とったり結構神経をつかいます。

写真-8.jpg


写真-7.jpg

もとの素材にはめてみると、立体的に眼鏡のカーブがついたのが、よくわかりますね。

次は、鼻あての部分をとりつけます。

溶剤で溶かして接着します。
プラモデルと一緒ですね。

写真-9.jpg

写真-10.jpg

この鼻あてのパーツをとりつけるのが、すっげー難しかった。

左右対称に、フレームからはみ出さないようにくっつけるんですが、なかなか上手くいかないんだなーこれが。

固まるまえにうにうにうにっと、ずらしながら位置を調整。

で、今回の手作り教室は初級なので、ここまでで、レンズのはめ込みや、耳掛けの部分の取り付け、フィニッシュの磨きなどはプロが行って後日受け取りとなります。

で、今日のところの完成品がコレ。

写真-11.jpg

うーん。

自分でも結構満足いく質感とアールにしあがりました。
出来上がりが楽しみです。

とはいえ、初級ってことで、工作作業が得意な俺にはちょっと物足りない感じ。
上級コースはデザインからフィニッシュまで一人でやるらしいので、そこまでやってみたかったなー。

次は中級に参加してみたいなー。

ここの眼鏡屋さんは、オリジナルフレームや珍しいブランドの眼鏡、ヴィンテージフレームなど、いろんな眼鏡があって、眼鏡っ子にはとっても楽しいお店。

オンリーワンな1本が欲しい人にはオススメです。
posted by いったんもめん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary&Etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141141872
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。