2011年12月05日

女の子って、ちょっとほっとくとすぐに機嫌悪くなるよね。

実は2ヶ月ほど前、2日にわたり大体100kmくらい軽く走らせた。

そしたら、すげー機嫌わるい。

なんか、アクセル開いて走ってる時はまぁまぁなんだけど、
アクセル閉めると、アイドリングは安定しない、しょっちゅうエンストする。

キャロラインは女の子だったので、長いこと放置されててご機嫌斜めだった模様。

しかも、載ってるうちに、だんだんと調子わるくなっていくんだ。

どうやらフォローも失敗した模様。

で、2日目の帰りとうとうエンジンかからなくなって。
下り坂で走りがけしても全然ダメ。

音信不通。
何をいっても無視、あやまっても許してもらえない感じ。

しかたなく1駅分押して帰ってきて、2ヶ月ほど放置。

こういうことは時間が解決してくれる。
すこし間をおいて問題点が明確にみえてきて、お互いが良い感じに向き合えるようになると思って。

で、さきほどやっとメンテナンスしてあげて和解してきた。

まだまだ、しこりのようなモノが残っていて、ちょっとギクシャクした関係だけれども、
きっと、また仲良く一緒に走れると思うんだ。
今度こそ時間が解決してくれる。

僕らの関係はまだまだつづく。。。




近所のスタジオにカブで行った帰りに、エンジンかからなくなる。

Twitterで泣き言をつぶやいたら、カブ乗り仲間がアドバイスくれる。

どうもスロージェット詰まってるくさい。

忙しいと言い訳をして放置

さきほど部屋でむかーしかったキャブクリーナーが転がってて、中身が少し残ってたのを発見。

見つけたときのそのままのテンションでキャブ清掃してみる。

あっさりエンジンかかる ←いまここ

を、クリスマスが近づいてリア充ばかり仕事で相手した後、非リアの現実を噛み締めながら帰ってきた俺が
勢いにまかせて書いたら冒頭のような、へんな合いの手がはいった文章になった。

どうしてこうなった。
posted by いったんもめん at 03:46| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

雨天走行

このブログには、オレに愛車キャロラインの写真もいくつかあるし、わかると思う。
実際にキャロラインを見たことある人ならもっと分かると思う。


キャロラインは雨の日にのっちゃダメだ!!!!

出先で雨に降られて、しかたなく乗って帰ってきたんだけど、ひどい。


これから、カブを買う予定だったり、カスタムするつもりの人たちに、先輩として一つ行っておきたいことがある。

フロントフェンダーは超大事だから、ぜったいとっぱらっちゃダメ!!!!!

というかTwitterの「 #カブ乗りあるある」でもあったけど、ノーマルルックが一番。ライトカスタム+ボアアップやサスなどの機能面強化くらいが吉。
posted by いったんもめん at 13:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

今年のオレはちょっと違うぜ。

ここ最近、

「カブ気がねぇー」

とか、

「カブに飽きてきたんだよ・・・」

とか、

「むしろノーマルのカブにのりたいね(笑)」

とか、

斜にかまえて、ぜんぜんカブに乗ってなかった。

京都にいったけど、ちょっと無理やり気味でブログやってたからネタ欲しくてみたいな感じだった。

でも今年は違う。

今年のオレはカブにのりまくる。

手始めに定番の捕鯨してきた人たちの帰り際に合流してきた。

IMGP6453.jpg

IMGP6454.jpg

カブって並べて写真とるだけでテンションあがるよね?

今年のオレは、ほぼ全てのカブイベントに参加する予定だ主に幽体で

どこかで見かけたらよろしくお願いします。
posted by いったんもめん at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

カフェカブつくしの2輪館

カフェカブには参加できなかったのですが、
つくし野2輪館側で参加いただいたツッカーさんの人脈により、あたらしいカブ乗りさんともすこしですが交流。
キャロラインをみて。「いったんもめんさん?」っていってもらえたり。

俺のキャロが小さくも話題になったのは、もう1年もまえの話なのに、非常にありがたい。
結構有名人になったきぶん。

でも、そう、カブが好きな人があつまるってただけで、そこにはネットワークがうまれていくのだ。

年内に、一度TCOでもなんかやりたいね。

おい、カブがうごかねーチームカブ気ゼロのメンバーたちよ!!

今年の故障は今年のうちに!
ギリギリでもいいからなおして、夜中にコーヒーをのむだけの、真のいみでのカフェカブツーリングやろうじゃないか。

さぁ、やる気出して行こう。
posted by いったんもめん at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

カフェカブですね。

毎年参加してたカフェカブですが、去年からなんもカスタムしてません。
しいて言えば、武川のジェネレーターカバーだけちょっと仰々しかったのでモンキーのHONDA純正に変えたくらい。

あと、一番の理由はウィンカー。

京都に行く時にポキっと折れてふっとんだウィンカー。

ナナカンパニーさんで応急処置していただいたウィンカー。

いまのこのままです。

こんなにカスタムしてて、こういう細部がちゃんとしていないようでは、カッコわるいしみっともなくてね。

パーツは買ってあるから朝までに直せば可能といえば可能なんだけど、まぁ、カブ気のあがらない事といったら・・・。

唯一いこうかなって思えるのは、銀色の変態紳士が昨年のカフェカブで女子を捕まえてハァハァな関係になったらしいという噂のみ。
女子をつかまえてハァハァな関係にまで発展するなら、やぶさかではないが、やっぱりカブ気あがりませんなー。

自走されている方もたくさんいらっしゃるかと思います。
明日移動されるかたもいらっしゃるかと思います。

みなさま、事故のないように気をつけて!

あと、カフェカブは帰るまでがカフェカブです。
昨年は帰路に大変な目にあいました。
ガス欠等にはお気をつけ下さい。
posted by いったんもめん at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

カフェカブ京都レポ編

雨でした。

すっごい雨でした。

とにかく雨でした。
まぁ、雨っぱなしだったので、写真とかなし。

いろんな人に挨拶してもらったり、ステッカーもらったり、最後はECCで写真とったり楽しかったっす。

あと、青山につづいて、こちらでも6位をいただきました。

あのペイントはやっぱインパクトあるんだなぁー。
超ハードなカスタムなのに異様に女子ウケが良い。
うれしいことです。
posted by いったんもめん at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

カフェカブ京都 (往路編)

京都でカフェカブが、週末に行われました。

カブで、関東〜関西などの長距離をはしる変態的行為を自走と呼びます。


きっかけは、昨年のカフェカブ青山後あたらしく色々なカブ乗りの皆様とお知り合いになった事です。

そのとき誰かが、こういいました。

「リジット、ソロシートで京都自走とか熱いと思います!」

※リジットというのは、リヤサスペンションが無い衝撃、振動をモロに身体で受け止める、とってもオトコらしいバイクの形。
※ソロシートというのは、独り乗り用の薄いシート。純正品などに比べて薄くてスタイリッシュでかっこつけな分、固くて乗り心地は最悪といっても良い。


アツいかもしれない、でも無謀すぎるよ・・・。
だれだ、こんなこといった奴。


と思ったのですが、オレはやる時はやるオトコ。

いっちょやってやろうということで、関東から自走されるツッカーさんに同行を頼み挑戦してみることにしました。

とりあえず、ツッカーさんとは金曜深夜、日付的には土曜にかわった2時に厚木にて合流予定。

【05/22 00:30】 出発準備および出発。
深夜ということもあり、防寒対策のため、上下にヒートテックを着込み、本革のレザーライダース、オーバーパンツと真冬装備に近い装備で出発。
キャロラインには荷物の積載能力はないので、荷物は極力へらして、すべて防水仕様のリュックに突っ込みます。

【05/22 01:00】目標捕捉ポイント到着
ちょっと早すぎたようですが、無事に銀色紳士ツッカーさん捕捉ポイントへ到着。
まだ全然はしってないのでカブは給油しなくてもいいのですが、今後のことも考え、自分にレッドブルを給油。
その後、予定通り銀色紳士を捕捉。

【05/22 02:22】ふじおやまにて休憩
そう、静岡にはいりました。
でも、自走の半分は静岡。
これからさきもずーっと静岡です。

【05/22 04:03】駿河あたりで朝食
朝食にそばを食べました。
その後、駿河健康ランドで寝ているきーんさんというカブ乗りのカブへイタズラしに寄るということで、イタズラしによりました。
まぁ、多人数でいたことも、自走中のハイテンションもあって、少し行き過ぎたイタズラをしてしまって、後に大変申し訳ない気持ちになりましたが、ほんっと軽い気持ちでやってしまったんです。
本当に本当にきーんさんにはご迷惑おかけしました。
もうしわけない。

【05/22 05:54】掛川で休憩
1/3以上は走ったかな。
とりあえず、フレーム強度等は大丈夫そう。
ただし、リジットと薄いソロシートのため、オレの身体の方は早くも満身創痍。

【05/22 06:35】トラブル発覚
掛川で休憩中、ゆずきちさんに追いつかれて教えてもらって気づいたのですが、右のリヤウィンカーが吹っ飛んでいました。
リジットによる振動や金属疲労で、鉄のステー部分からぼっきりと吹っ飛んでました。
以降しばらくのあいだ、手信号でロボットみたいな動きをしながら自走をつづけます。
あと、日が出てきてあったかくなってきたので、オーバーパンツを脱ぎました。

【05/22 08:20】浜名湖超え
数年前、メカビンと共に台風の中自走を試み、引き返すことを決めたポイントまで到着。自走の半分をこえました。
いやぁ、とにかく静岡ながい。
このあと、とれちゃった右ウィンカーの応急処置のため、名古屋にあるカブショップ、ナナカンパニーさんへ向かいます。

【05/22 11:51】ナナカンパニー
長かった静岡をこえて、愛知入り。
愛知にはいると、静岡をこえた達成感はあるものの、信号の多いごちゃごちゃした道になってそれはそれで、疲れます。
で、銀色紳士様のナビに頼りっきりで、なんとかナナカンパニーさんへ到着。
事情を話し、応急処置でその辺におちてたジャンクウィンカーを取り付けていただきました。
「お代は・・・」と聞いたところ、「いいよ〜。こんなん修理に入らん。あ、じゃあジュース奢って」っていうことでジューズ2本で応急処置を行っていただきました。
ありがたやー。
ナナカンパニーさんは世界一カブ乗りに優しいバイクショップです。

【05/22 13:36】四日市にて昼食
カブ麺部の部長のツッカーさんとの移動中は食事は全て麺です。
午前中は日がでて、ものすごく暑かった!!
四日市でラーメン屋さんで昼食。
塩ラーメンを食しましたが、あっさりとしていて、大変美味でございました。

【05/22 14:42】最後の休憩地点、関宿
鈴鹿市街をこえて道の駅、関宿。
自走カブ乗りにとっては定番の休憩ポイント。
ここまでくればあともう少し。

【05/22 16:52】今日のゴール
大津のビジネスホテルへチェックイン。
かるくシャワーを浴びて、PCがあったので、ブログにナナカンパニーさんのリンクを貼る。
あと、ウィンカーが吹っ飛ぶような仕様で雨の中帰る自信がなくて心がポッキリ折れてたので、マイミクのふにゃさんが、車で参加している事をしって、速攻で連絡。
明日帰りに一緒に積んでもらって帰る手はずを整える。

【05/22 19:00】前夜祭
が、行われていたそうですが、まさかのPCをいじりながらの寝落ちで、前夜祭に大遅刻。
さいごの30分ほどだけ、前夜祭に参加。
ゆきすぎたイタズラについてキーンさんにお詫びをし、店内にあったルービックキューブを揃えて、30分の短い時間だけど、カブ乗りの皆さんと交流を深める。
その後、大津のビジネスホテルの駐輪場でしばらくカブ談義に花が咲くメンバーたち。
自走してきて、明日も予定があるのに、日付かわるくらいまでカブで盛り上がれる、素敵な人達です。

【05/23 00:53】就寝
就寝といいつつも、このあとしばらくPCをいじいじしていた。
そして翌日も、朝4時くらいに目がさめて、PCをいじいじしていた。
ネットなしでは生きていけない。


【往路総括】
だいたい走行距離500kmくらいかな。
誰がいったかしらないけれども、リジット、ソロシートでの自走については、フレーム強度的には片道はとりあえず大丈夫だとわかりました。
ただ、振動と衝撃はすごいので、ウィンカーなどへの振動対策が必要な事がわかりました。
あとは、身体的にはリジット、ソロシートでの自走は、片道でもすでに限界突破。
身体中が痛かったです。
posted by いったんもめん at 16:23| Comment(5) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

帰宅

到着なう!
posted by いったんもめん at 02:36| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なう。

??.jpg
posted by いったんもめん at 01:39| Comment(5) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

帰路!

KC3A0030.jpg
リジットキャロラインでは雨の中の自走は不可能と判断。

ゆずきちさん、ツッカーさんとトランポ大作戦。

トランポで来ていたふにゃさんとうなパイさんにご迷惑&お手数おかけしまくりですが、何とかトランポプランで帰路へ。

因みにふにゃ号にキャロラインを積むため、フロントを分解!

いや、本当にみなさま苦労おかけして申し訳ない!
posted by いったんもめん at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グッドモーニン

案の定、土砂降りです。
が、せっかくなので楽しみましょう。
posted by いったんもめん at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前夜祭

に、まさかの寝落ちで遅刻。
終わりの30分くらいだけ参加。

その後も明日は雨で詳しく見れないかもしれない集まったカブを眺めながら、ホテルの駐輪場でカブ談義。

今、部屋に戻ってきて明日の身支度を整え、歯を磨いてます。

明日はあいにくの空模様のようですが、せっかくの機会なので楽しめたら良いなと思います。

とりあえずびしょぬれは覚悟!

振動でカブのリヤウィンカーが吹っ飛ぶような状況なので関東からのトランポ組みの誰かにのせてもらえないかと、本気で考えてます。
まだ死ねないもの!

でもどうしようもなかったらがんばって帰るしか道はない。

ふにゃくんのスケジュールがぴったりなので、なんとか積めることを祈る。

あと、今日の最後のしめくくりに、

ツッカーさんおよび、その高性能ナビ。
おかげさまで無事たどり着けました。
つかれているなか、ナナカンパニーまでよっていただき、本当にありがとうございました。

あと、ナナカンパニーさん。
トラブルということで、工賃も取らずに応急処置をしていただきました。
いったんもめんが、日本一カブ乗りに親切なカブショップとして認定させていただきます。
本当にありがとうございました。

キャロラインの硬くて薄いシート、リジットフレームの振動、俺の体力その全てが自走に向いていないのに何とかたどり着けたのは多くの皆様の協力のおかげです。

ありがとう。

明日はどしゃぶりですが、精一杯意楽しみましょう!!
posted by いったんもめん at 00:53| Comment(4) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

今日のゴール

今日のゴール、大津のホテルまでたどり着きました。

はやくも帰りが不安です。

なんせ金属疲労かなんかしらんがリヤウィンカーが気づかぬうちに吹っ飛んでた始末。

キャロラインは長距離走らせてはいけない乗り物なのではなかろうか?
posted by いったんもめん at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の休憩地点

鈴鹿を越えて関宿なう
posted by いったんもめん at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼食

四日市でらーめん。
posted by いったんもめん at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

応急処置

KC3A0025.jpg
ナナカンパニーさんのお陰でウィンカー復活!
posted by いったんもめん at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜名湖越えた

半分こえた。
静岡なげぇ!
posted by いったんもめん at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あれ?

KC3A0024.jpg
右のリヤウィンカーが取れてる…。
テンションさがるなー。
posted by いったんもめん at 06:35| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

休憩

掛川なう。
だいたい半分、いや半分まで行ってないくらいか。
先は長い。
posted by いったんもめん at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝御飯

駿河あたりで朝そば。
posted by いったんもめん at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふじおやま

そうここは静岡県。
取り敢えずは快調。
posted by いったんもめん at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給油

??.jpg
俺に。
posted by いったんもめん at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出発

そして銀色紳士捕獲予定ポイント到着
posted by いったんもめん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

マイフェイバリットシングス

を聴いていたら、JRのCMの如く思いつきました。

そうだ、京都いこう。







あ、天候次第ね。

というか、本気にするなよ、リジットカブで自走なんてするほど変態じゃねぇから、俺。
posted by いったんもめん at 15:56| Comment(6) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

カブラ

どうやら、最近のカブ乗りの皆様には、俺にカブラのイメージないみたいなんだ。

当然だけど。

でもね、新車購入当時からカブラ装着で、カブラつけてないとカブの意味ない!
くらいカブラ大好きっ子でした。

一応証拠写真はこちら

ハードテール化に伴って、カブラは諦めたけど、いまでもカブラは大好き。

カブラつけてた当時のキャロラインも好き。
posted by いったんもめん at 15:52| Comment(3) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配線

突如、ウィンカーがつかなくなってから1月弱。
いい加減直せっつーはなし。

でも、開けてみたら、フロント側で配線つないでるライトの中はごっちゃごちゃ。
本来配線がごちゃごちゃしてるはずの、シート下も、余裕をもって眺めに作った配線のせいで、ごっちゃごちゃ。

いい機会なので、ちゃんと適正な長さをはかり、どの部分で配線をつなぐのか、どこにどの配線をまとめるのか見直しながら、配線をいちからやりなおそうかと思う。

京都カフェカブにいけるかどうかはまだ分からないけど、いく前提でそれまでの時間に直します。
posted by いったんもめん at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

ウソツキカブカブ3

どことは言わねぇけど、TC●っつーチームがちょっとアレだ。

とくに、プリンスとかいって気取ってるひ●やまっていう奴とか、ホントに人の悪口しかいわねぇし、口がゆるいし、女癖悪いしで、ホントに時々いやになる。

もうさ、T●Oとかって、古いしいい加減みんなに寒い集団だと思われてること自覚したほうがいいよね。

オレ、もう脱退するわ。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

実はほっとしていたりするのは内緒で。

人があつまらず、天空ゲートは中止。


いやぁ、どうせ俺のキャロラインは間に合ってなかったんですけどね。

のんびり配線見直す時間ができたってーことで。

でも、もう配線わけわかんないの嫌だから、今回組むときにキレイにしたんだけどなー。
どこが断線してんだろう。

配線だして通電チェックですな。
フレーム中通しはスッキリしていて、
俺みたいにフレームカバーないカブにとってみれば、
必須カスタムでもあると思うんだけど
こういう時には面倒くさいですよね。

で、天空ゲートが中止になったから、たぶん、あと1週間くらいはやらないで放ったらかしにしていそうな、オレがいますが、なにか?
posted by いったんもめん at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

間に合わねぇんじゃね?

キャロラインさん、見事リヤブレーキ修理完了。

あんなパーツ2度とこわれてほしくないです。

でウィンカー。
とりあえず、電源につなぐと4個とも点灯。
ウィンカー、アースは問題なし。
スイッチは新品をかってきて今、ハンドルまわり配線中。

問題はリレーか配線。

リレーからでてるグレーが、スイッチにいくグレーですよね?違う?
配線図ないとわかんないよ。。。

とりあえず、明日配線すべて引き出して、チェックします。
で、今回なんとかウィンカー付くようになったら、配線スッキリとプロにキレイに繋ぎ直してもらおう。
なんかハンドルでひっぱったりしちゃって一部断線したって可能性もあるしね。
ちょっと、明日は配線の見直しを行おうと思います。

今晩中有に配線図希望。
配線図あったら、もう1から配線つくりなおしなんかなんどもやってるんで、死んでる臭い配線をみつけだして上手く通電させたいと思います。
勝負だぜ!

あと、新品のリレーつかってるけどリレーの線もあなどれないので、リレーがいきてるか死んでるか確認する方法も考えなくては。

あぁ、人数あつまらなくて流れそうな天空ゲート通。
でも、万が一決行ってなったとき、オレがいないんじゃ話にならん。

まぁ、今回はツッカーさんもオレもいろいろあって告知が遅すぎた。
今回だめでもリベンジするぞぜったい。
俺は本気だぜ?

リベンジ記念には、みなさんどうぞTCOを煙たがらずに参加していただけたら幸いです。
posted by いったんもめん at 01:23| Comment(3) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

そこは折れちゃいけないとこじゃないの?

先日、リヤブレーキがぜんぜん効かなくなってスカスカになったと書きましたが、ツーリング予定もあり、さっそくリヤブレーキを解体してみました。

そしたらね、なんかブレーキアームが動いたときに、ブレーキシューをウニュっと広げる軸というかボルトというかそういうやつがね、ポッキリと折れてました。

20100323_3.jpeg

ブレブレで見にくいですね。

20100323_1.jpeg

いまいちどのパーツかわかりませんね。
外してみましょう。

20100323_2.jpeg

折れてるってことはわかるけど、なんのパーツかはさっぱりわかりませんね。


でもさ、こんなとこ折れる?普通?

というかさ、ここって糸色文寸に折れちゃいけないパーツなんじゃないの?

いくら俺のカブがリジットで振動等のストレスがあろうと。
極太タイヤはかせてて、エンジンもハイスペックに改造していようとも。

こんな生命にかかわるようなパーツの強度が、そんなんでいいのか?!

まぁ、長いこと乗ってるし、金属疲労かもしれないけどさ。



というわけで、早速注文してきました。


はたして間に合うのか?天空ゲート!?

皆、祈れ!!
posted by いったんもめん at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

天空ゲート

795236061_200.jpg

お前ら、準備は整ってるか?!
行くぜ、ツーリング!

キカクカBBSへ





でも今日、松戸から帰ってくるときキャロラインのリヤブレーキ壊れた。
ウィンカーもおかしい。
これ、めんどくなって書いてる嘘とかじゃなく本気と書いてマジよ。
原因もよく解らん。。。。。。修理にいくらかかるんだろう(涙)
企画者のオレが参加出来ないかもという罠。。。。。
posted by いったんもめん at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

カブ気

俺の仲間内だけの言葉に、「カブ気」というものがある。カブのカスタムをする気力、という意味だ。使用例を挙げると、

・カブ気上がんねー。
・今俺カブ気ゼロだし。
・皆と会うと、一瞬カブ気上がる。
・家に帰ったら、カブ気無くなった。
・ちょっと位カブ気上げて行こうよ。

なんて使い方を、ネタではなくて、普通にする。

そして例からも分かると思うけど、カブ気は無い方が格好良い的な空気がある。
「お前、カブ気満々だねー。」なんて言われると、ちょっと小馬鹿にされた様な気分になる。

でも、7〜8年前に初めて自分でカスタムしたときの画像をPCから発掘してちょっとカブ気あがった!

DSC00286.JPG

DSC00288.JPG

C50STDにカブラサイドカバーをつけただけのノーマルで乗っていたのを、小型限定二輪免許を取得しC90に乗り換えた直後、ベンリーをまるごと譲ってもらってきて、テレスコ化したのがカスタムの始まりだった。

※カブラサイドカバーは新車で納入時につけてもらったので、フルノーマルでカブに乗っていたことは無い。あくまでも自分で最初にやってみたカスタムがこれだった。

何もわからないまま、とりあえず見えるネジやボルトをガンガンはずして、ベンリーのフロント周りをごっそり移植。

配線とかわからないし、ベンリーのハンドルだとやたら低いし、ハンドルストッパーの溶接などで最後の仕上げはバイク屋さんにまかせたものの、よく自分でここまでやったもんだ。

この頃は、カブのスイッチは右側に集中してないと駄目だ!っとおもっていて、カスタム用のスイッチが22パイなのをしらず19パイのハンドルポストを買ってバイク屋さんでポストの裏にネジきってもらってベンリーのトップブリッジに取り付けた記憶がある。

それとレッグシールドはカブの命だとおもっていたので、テレスコにあわせて郵政レッグを付けていた。

いま見てみると、シンプルでこれはこれで結構いいなぁ、なんておもう。


そして、むちゃくちゃなカブ気と行動力の結果とおもわれる衝撃的な画像も発掘した。

C&CDがらくた.JPG


こんなのをみてたら、なんかカブ気あがってきちゃった。

もう一台つくりたいよー。

構想はねってあるから、費用をどうやって捻出するかだなー。
posted by いったんもめん at 16:09| Comment(6) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

仮装ゲートツーリングレポ

丸投げしてたけど、一応レポートするつもりだったんですよ。

まぁ、集合に遅れて集合写真はないけど、参加車両の集合写真ならあるんです。
参加車両集合2.jpg

参加車両集合1.jpg

ほらね。

そして、肝心のゲートボールもちゃんと写真におさめたんですよ。

ゲートボール1.jpg

ゲートボール2.jpg

そして、ゲートボールでもっとも大変だった第一ゲートのシーンだってカメラにちゃんとあるんです。

第1ゲート.jpg


ほら、ね?

おれ、ちゃんとレポートする気あったんですよ、マジで。

で、仮装です。

馬.jpg

馬です。

視野が狭いだろうし、ゲートボールにはぜんぜん向かないと思います。

でも、この程度の仮装はベーシック仮装でした。


デラックス仮装の参加者がいたから。
オックン3.jpg

オックン2.jpg

オックン1.jpg

背番号の上に背番号だからね。
もうさ、なんつーか、負けた。
関西人ってすごいと心底感動した。

でも、、、

ゲートボールをするためだけに、翌日仕事にもかかわらず関西からカブで自走して参加するだけで、かなりバカだと思うんだけど、さらに、こんな余計な荷物まで積んでくるなんて、本当にバカすぎる。

ばかうけですわ。
もうね、だれがなんと言おうとこいつが主役。

本人に「バカ!w」っていったら、「俺は手を抜かないということを若い衆に伝えたくて・・・」だって。。。。

負けたぜ、あんた、かっこいいYO!


あとね、なんか面白かったのがこれ。

食べ物.jpg

カラスが食べ物を狙いますっていう注意書きの真下に、食べ物の山。
誰が決めたのかわからないけれども、非常にセンスある配置。

あとは、参加車両の写真。

参加車両21.jpg

参加車両20.jpg

参加車両19.jpg

参加車両18.jpg

参加車両17.jpg

参加車両16.jpg

参加車両15.jpg

参加車両14.jpg

参加車両11&12.JPG

参加車両13.jpg

参加車両10.jpg

参加車両8.jpg

参加車両7.jpg

参加車両6.jpg

参加車両5.jpg

参加車両4.jpg

参加車両3.jpg

参加車両2.jpg

参加車両1.jpg

参加車両9.jpg

ねぇ、でらよ。
カバンつかってくれてて嬉しいんだけれども、もう少し美しくとりつけられないものかね?
まぁ、荷物満載で仕方なかったのかもしれないけれども。

で、最後は唯一4輪で参加したおれの。

参加車両ラスト.jpg


もうね、まさかですよ。

こんな真冬に、みんなカブで走るなんて、アホかとじゃなくて、すごいと本当に関心する。

次回こそは、カブでさんかするぞっていう意気込みとともにレポート終了。


でもさ、レポートって、写真ならべてるだけじゃんねぇ。
もうちょっとやりようがあることは、他の参加者のレポートみてるとわかるんだけど、ブログ初心者の俺には、コレが限度みたい。

でもさ、ほら、なんかカブの写真いっぱいで、カブブロガーっぽくなったでしょ?
posted by いったんもめん at 18:15| Comment(5) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

ステッカー

先日の仮装ゲートツーリングにて、たくさんの参加者からステッカーなどをいただきました。

が、俺のキャロライン号には貼るスペースがございません。

けれども、「キャロラインに合う灰色をつくれ」と冗談でたのんだのに、本当にカズカブリーダーが、灰色でナイスなサイズの「バクシール」をつくってくれた。

これは貼らないと罰があたります。

というわけで、キャロライン唯一のステッカーチューンです。

jpg.jpeg
posted by いったんもめん at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

仮装ゲートツーによるリンク増加の件

リンクしましたっていう報告を、リンクしたサイトのみなさんに、ほぼマルチポストして、報告をすませました。

なんて、失礼なやりかたなんだろう。

レポートも、他の参加者に投げた。

今回ほとんどの人が、初対面だったんだけど、こんな対応をして大丈夫だろうか?

いや、夜にテンションあがってやってるんだから、許してくれるだろう。


というただの言い訳
posted by いったんもめん at 01:32| Comment(5) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

仮装ゲートツーリング

2010年1月31日に仮装してゲートボールをするためにカブであつまると言う奇妙な集会に、デボネアで参加してきました。

だって、車参加可能って書いてあったんだもん。

ブログってカテゴリーあるじゃない?

カブのイベントなんだけど、じっさいにはデボネアで行ってるから、どのカテゴリーで書くかとか悩んでいるうちに、他の参加者達が素敵なレポートを書いているじゃない。

なので、文末に参加者一覧を載せとくので、リンクから面白そうなレポートを書いてそうなリンクへ跳んでください。

ちなみに、帰りの道中でペタンクをやっている人たちを見かけました。
ゲートボールをした帰りにペタンクやってる人を見るなんて、なんだかマイナーな球技に付いている日だったなぁ。。。



【参加者一覧】
オックン(大坂)
そるてぃー(神奈川)
きーん(東京)
どん(神奈川)
ふにゃ(東京)
おいてけ(愛知)
うめ太郎(千葉)
いったんもめん(東京)
ゆずきち(千葉)
ぼに(千葉)
みなぞう(東京)
トモさん(神奈川)
うなΠ(静岡)
なおき(神奈川)
カズカブ(神奈川)
飛鳥(茨城)
k@z(神奈川)
瀬田(神奈川)
タグ(神奈川)
でら(神奈川)
kent(神奈川)
ツッカー(群馬)
posted by いったんもめん at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

退院

1001退院.jpg

というわけで、キャロライン無事に退院されました。
こんな見た目でも、ちゃんとタンデムできるんだぜぇ。

今回は、オイル漏れしてたエンジン腰上を組み直し、キャブのオーバーフローの原因になったタンクのサビ取り&コーティング、キャブセッテイングを行いました。

ちなみに、セッティングは下記のようになりました。

エンジン:C90ベース、タイカブ後期型4速、JUNビックバルブヘッド105cc
キャブ:ヨシムラMJN24
マニホールド:Gクラフト(MJN24用のロングタイプ)
エアクリーナー:K&N
マフラー:水本レーシングMRFマフラー(バッフル有り)
CDI:カブ90ノーマル

【試乗時セッテイング】
MJ:82.5
SJ:17.5
AS:3/4
ニードル位置:4/5

現状でのベストセッティングとのことですが、ちょっとスロットルをガバってやっちゃうと、息つきしちゃうかも。
これはハイスロのせいかもしれないけど。

アクセルワークを楽しんで、レーシーに乗るならこのままでも良いかもしれないけれど、キャロラインは一応アメリカンのノリで組んだカブなので、もうちょっとアバウトな感じの方が好み。

というわけで、もう少し濃いセッティングに変更してもらって再試乗し退院。

【退院時セッティング】
MJ:85
SJ:17.5
AS:3/4
ニードル位置:4/5

まだ、長距離は全然走ってないし、高速で回すようなシーンもなかったので、何とも言えないところもありますが、SJのセッティングがかわったせいか、ガバ開けしてもエンストしないし、アイドリングや走り出しがとってもスムーズ。

もっと短いマニホールドの方がレーシングキャブレターの本領を発揮できるらしく、モタブレ店長しのさんは、最後まで「マニホを短いのに変えたい」と申しておりましたが、キャロはメインパイプを太くしてるし、逃がす場所がないので今回はこれで。



で、TKさんもおっしゃってましたが、MJN24セッティングをしっかりだすと、スムーズすぎて、なんか物足りない感じがしてしまう。

でも、実際はいつの間にか、回転もあがってるし、メーターを見るとスピードも出てて、トルクもしっかりある。
そしてカーブなどでジワッとアクセルをあけると、すごく素直についてくる感じがする。



しのさんがあんまりにも「マニホは短い方が!」って言うので、いずれ短いマニホールドも試してみたいなぁ。

あと、激しく質感のわるいハイスロも変えたい。
ヨシムラのMJN24用がやっぱキャブにあってんのかな?
それともやっぱりレーシーすぎてアクセルワークシビアになっちゃうのかな?

とりあえず、今度、暖かい日にちょっと距離はしってみたいなぁ。
posted by いったんもめん at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

キャロライン治癒

モーターブレスさんにて治療中だったキャロライン。

治療完了した模様。

今回の治療内容ですがー、

2c75ff1a.JPG.jpeg

エンジンオイル漏れてらっしゃいますね、ヘッド全体から。
駄目ですよね。
車両自体をあんだけカスタムしてるのに、バイクのエンジンなんて根幹部分がいい加減なんてかっこわるすぎますので、エンジンオイル漏れも一緒にご依頼。

f9c9fb11.JPG.jpeg

キャブも燃料が濃かった見たいで、カーボンまみれ。。。。。。

0008b245.JPG.jpeg

吸気ポートから見えるのはJUNのペンタゴンネットっていうらしいですが、効果とか仕組みはよくわかりません。

05600c04.JPG.jpeg

オイル漏れ修理なのに、カーボンおとしからバルブすり合わせまでお世話になりまして。

cc0f386d.JPG.jpeg

ほらー見目綺麗な見た目!
まだ写真でみてるだけなので、非常に美しいです!
オイル汚れとかないだけですっきり。

で、引取りに行くのは、もうちょい先になりそうなので、モタブレさんで、展示中なので、見に行くならお早めにどうぞ。

9eb931d3.JPG.jpeg

444b5962.JPG.jpeg

1907b461.JPG.jpeg

c4efe2d8.jpg

d12e59a7.JPG.jpeg
posted by いったんもめん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

いろんな雑誌に載ったよ。

2009のカフェカブにて、ちょこっとだけ、取材うけて写真載ったので自慢も兼ねてけいさい。

GooBike20100118号blog.jpg

GooBikeの1月号の冒頭カラーページにカフェカブ記事。
数台をピックアップしてあってそのうち1第に我がキャロラインが!

「フロント周りからタンク、シートフェンダーにいたるまで、カスタムされているため一瞬カブとは思えない・・・・・。でもエンジンを見ればやっぱりカブだった。」



モトチャンプ201001blog.jpg

モトチャンプ1月号、こちらもカフェカブ記事で何台かをピックアップして取材されてましたが、ざんねんながら白黒ページの掲載。でもいいの、コメント内容がうれしかったから。

コンテスト&6位獲得
タンクも丹念にドレスアップ
フラワーデザインをあしらった可愛いピーナッツ型タンク。参加者から「カワイイ!」の声連発!!
コレが本当にカブなの!?
大胆なフレーム加工によってリジット化したリヤ周り、クラシカルな雰囲気のシート周り、ボディとのマッチングも絶妙なホワイトウォールタイヤ、ワイド型のバーハンドルなどトータルバランスも高得点。
随所に製作者のセンスが光る!
「参加者や関係者からの投票できまる『スーパーカブコンテスト』で6位をゲットした「いったんもめんさん」のカブカスタム。「カワイイカブを目指して制作しました」というこのカスタムはメインフレーム延長&丸パイプフレーム追加等でフレームデザインを全面的に変更。思い切ったカスタム手法ながら上品かつスタイリッシュなテイストに仕上がっている。」




モトモト201001号blog.jpg

毎年おなじみ、モトモト1月号の見開きページ。
バイク別のコメントはないものの、今年もちゃっかりのせてもらえました。
3年連続かな?ありがとうございます!
でも、なんでタイアンとツーショットの写真なんだろう。
posted by いったんもめん at 01:38| Comment(4) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

タンクレス

e622659d.JPG.jpeg

現在、モーターブレスに展示中のキャロラインはタンクレスです。

ビーチクルーザーの自転車みたいだ。
ちっこいタンクにしてスッキリさせも面白いかもね


で、ご自慢のファンタジスティックなタンクはといいますと、、、、

f0fb52d1.JPG.jpeg

水浸し!

なーんてね。
タンク内のサビ取り&コーティングをされています。


そして、画像はモタブレさんのブログからぶっこ抜いただけのレポート。
うーん、ブログって難しいねぇ。
posted by いったんもめん at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ハイスロ

??.jpg
今のキャロは、レーシングキャブに超ハイスロ状態。

見た目重視で選んだからね、キャブもハイスロも。

で、今よりロースロにする必要があんだけど、ロースロットルなんてパー ツは売ってない。

でも、今よりロースロなハイスロを買えば良いってこった。

見た目がシンプルで、調整幅がひろくて、安いものを探して買ったんだけ
ど、、、



激しく質感が悪い!
どーしよーかなー。
posted by いったんもめん at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

キャロライン展示中

どうも、はでにやっちゃってるディープなカブ乗りです。

松戸モーターブレスにて絶賛(?)展示中です。

bd03b5a8.JPG.jpeg

是非見に行ってやってください。
posted by いったんもめん at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

診断結果

キャブレーターのオーバーフローの原因は、サビの粉末が溜まり詰まった状態になっていたようです。

社外のタンクや海外製の易いタンクなどはタンク内が裸鉄のままなので、溶接の継ぎ目などは錆びてくるそうです。

ちなみに俺のはアメリカ製のハーレーのカスタムパーツですが、届いた時から表面にうっすらサビがあったくらいですから、ええ、錆びてても不思議じゃありません。


というわけで、ガソリンのオーバーフローの原因はわかりましたが、エンジンオイルも漏れているらしいです。

組んだ直後から、滴ってて、そのご増し締めして止まってたかなーっと思ってましたが、やっぱりまだダメだったみたい。

あと、TKさんのと同等の排気量に同等のマフラー、エアクリはわからないけどと言う状態だったのですが、TKさんの情報によるとボクのは確実に薄いと思っていましたが、診断結果では濃いとのこと。

あと、見た目重視で選んだハイスロが、レース用で超ハイスロになってるらしく、アクセルワークがシビアすぎるとのことでした。



どこまでやるか、どこからやるかって感じですが、とりあえずエンジンのオイル漏れとキャブセットはやりたい。

あと、ぜったい今よりもロースロットルにしたほうが良いようなので、とりあえずデザイン的にもすっきりしてて、かっちぇースロットルで今よりローなスロットルがないか検索してきます。
posted by いったんもめん at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

キャロ入院

??.jpg
キャブ、メインジェット交換とかは出来るようになったものの、オーバフ ローするガソリンは俺の手には負えません。

キャブのセッティングもついでにお願いと言うことで、千葉県松戸市のバ イクショップ、モーターブレスに緊急入院。

季節に合わせたメインジェットの調整くらいは出来るようになる予定だけ ど、取り合えず基本のセッティングを。

モタブレ様よろしくお願いします!
posted by いったんもめん at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナイトクルージング松戸

スカバンドのリハーサル後、なぜか突発的にカブで走りたくなった。
彼女の家、千葉県松戸市までナイトクルージング。

ハクキンカイロを2個装着し、たくさん着込んで防寒対策を万全に施し、AM1:30頃いざ出発。

渋谷までは快調に走る。
多少寒いが問題ない。

問題は、246が皇居にぶち当たった先からは、道をよくしらないので迷わないこと。

一応、出発前に道をしらべておいたが、まんまと皇居周辺をぐるぐるする。

迷っている間に身体が冷え切って、九段下でギブアップ。

九段下駅前のマックで、小一時間ほどダラダラし、冷え切った身体をあたためつつ、
iPhoneで、道を確認。

ちょっと迷っても3時にはつけると思っていましたが、皇居周辺の道、しかも夜だとさっぱり分かりません。

AM4:30頃、身体もいい加減あったまってきたので、いを決して再出発。

九段下のマックについたころには、半分凍死しかけてましたが、その後の松戸までは30分ほどで、寒かったけれどそ、それほど冷えることもなく、順調に走行しAM5:00頃、松戸につきました。

matsudo.jpeg

遠いよ、松戸。
posted by いったんもめん at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

キャロ初め

年明け後はじめてキャロラインに乗った。

すっげー寒いのね、今の時期にカブに乗るって。


キャブを変えて、自分でMJ交換とかしてみたものの、いまいちキマってないキャブ調。
油面調整が出きてなくて、オーバーフローしてガソリンが滴るキャブ(駐輪中はガソリンコックオフにして対応)


冬の間に、上記はなんとかしよう。
posted by いったんもめん at 17:09| Comment(4) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

仮装ゲートツーリング告知

キカクカBBSにて告知されている仮装ゲートツーリング
に参加しようかと思います。

TCOのクルー達。
今年は、ガンガン、カブの海に繰り出そう。

とりあえず、行けそうな人はキカクカBBSで参加表明しましょう。


ついでに、なんとなく、デザインを少し変えました。
遡り系なので、昔のものまで過去記事を表示できるようにして、記事下広告を見えないようにしてみました。
逆に広告まちがって押しちゃうよ!ってなるかもしれないけど、まぁ、変な間があくものの見た目はコッチのほうがスッキリ。
posted by いったんもめん at 10:42| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

長い

??.jpg
冬の間あまり乗らないので、イタズラ防止とかも兼ねて、カバーをしとこうかとおもったんです。

カブよりワンサイズでかいのを使ってるのに長すぎて収まりません…。

てへっ!
posted by いったんもめん at 18:46| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

09カフェカブ 帰路編

今回で本当にカフェカブ関連はおわりです。

写真がない上に、超長いです。
記事をたたみたいんだけど、ブログのやりかたが、よくわかんないので長いまま載せちゃいます。

例年だとカフェカブ後、久しぶりに会ったカブ友達たちとファミレス等で夕食をしながら色々話し込むのですが、今回は夜に雨が降る予報だったので、さっさと解散しました。

様々な取材も終わり、いろんな人に挨拶したあと「ではっ!」ってな感じで、246を快調にバイクでぶいーんと走ります。

なんつったってオレのカブは、エンジンもパワーアップしてるからね。
カフェカブ参加者と思われるカブをガンガン抜いてぶっ飛ばします。


ところが・・・

多摩川を渡る橋の手前で、エンスト。
何度キックしてもエンジンがかかりません。

原因は、ただのガス欠・・・・・・



あああああああ!
ちょうダセー!!!!!!!!
めっちゃかっこわるい!!!!!!!!


せっかく6位に入賞したのに。


しかたなく路肩に寄せようかなと思っていたところ、ついさっきぶち抜いたカフェカブ参加者であろうカブ乗りに「大丈夫ですか?」と声をかけられました。

「あ、ただのガス欠です、大丈夫です。」っとクールに答えた。
が、台詞がクールじゃねぇよ!

自分でいうのもなんだけど、オレのカブは目立つし、しかもついさっきステージ上でインタビューとかされてた訳です。

ぜったい、「うわぁ、ダッさ。」って思われただろうな。


と、この時点で6位入賞で高揚した気分はおしまい。

とてつもない、後悔の念で一杯です。
でも、悪夢はまだ終わりません、むしろココからが本当の悪夢でした。


その後、しかたなくガソリンスタンドを目指し、バイクを押しながら歩きます。

そして、その横を、おそらく先ほどまでカフェカブに参加していたであろうカブにガンガン抜かれます。


で、何度も言いますが、オレのカブは目立つし、さっきステージ上でかっこつけてインタビュー受けた後です。
そうじゃなくても、道をバイクが押してあるいてれば目立つし、ガス欠にしろ故障にしろ「かわいそう」という同情的な視線や「ガス欠?だっさいなぁ」っていう感情の対象になります。


抜きさっていったカブの人たちも、すくなからず気づいたことでしょう。

そして、心の中で「あ、6位の人だ、ださっ。」ってつぶやいた事でしょう。

このまま多摩川に飛び込んで泳ぎたい気分です。


そして246をそのまま押して歩いて渡るわけにはいかないので、測道をおりて二子玉川駅前を押して歩きます。



でも、どこにガソリンスタンドがあるかわかりません。
駅前は高島屋があったりでガソリンスタンドの気配すらありません。


しかたなく、そのまま川をバイクを押してあるきながらわたります。


いくら、秋とはいえ、バイクに乗るために上下にヒートテックを潜ませレザーライダースを着ているオレは、もう汗びっしょりです。。。。


一歩一歩進むたびに、テンションが下がり疲れがたまっていきます。


なんとか川を渡り終えたところ、二子新地のあたりで交番を発見。

息をきらしながら「ここから一番近いガソリンスタンドはどこですか?」っと道をききます。

そしたら、警官と通りがかりのおじさんに、「246までいって左にいったとこにありますよ、だいたい1kmくらいかな?」と教わりました。


助かったぁ!
という思いでいっぱいでした。

あと1kmと思いながら、またバイクを押してそのガソリンスタンドへ向かいます。

246の川を渡った地点にたどり着き、言われた通り左にまがって進みます。


そして、見えました、ガソリンスタンドが!

やった!

やっと動きにくいライダースジャケットで、この重たいバイクを押しながら歩くという重労働から解放される。

その喜びで一杯になりかけた瞬間でした。


そのガソリンスタンドは、道の反対側にありました。
そして246、渡る手段は歩道橋のみ、しかもガソリンスタンドをこえて、ガソリンスタンドへ戻らなくてはなりません。

Fxxk!!!!!!!!!!

なんでだよ!!!
くっそ!!

基本的に246の下り方向は上り坂です。

もう限界が近いくらいに疲れていました。


でも、悩みましたが、いくらなんでも歩道橋をバイク押してわたるのは無理。
上り車線側にガソリンスタンドがある、そしてわたる手段はない。
でも上り車線にあるんだからもう少しいったら下り車線にもガソリンスタンドがあってもいいはず。


意をけっして、またバイクを押しながら基本上り坂の246を歩き始めます。


ところが・・・・・・・・




歩いても

歩いても

歩いても、

ガソリンスタンドがねぇ。

Fxxxxxxxxxxxxxxxxxxxk
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



もうね、本当にイヤになりました。

もう、汗だくだし熱いし疲れたし、でもバイクをおいて行く訳にはいかないし、その間にもカフェカブ参加者と思われるカブにガンガン抜かれるし。



でも、もはや引き返すわけにも行きません。

ちょっと距離はあるけど、もうちょっといったところにガソリンスタンドがあるのは知っていました。

もう一踏ん張りとおもってバイクを押し、歩き続けます。


そして・・・・・



うろ覚えでしたが、やっぱり下り車線にありました、ガソリンスタンド。
最近246走ってないのに覚えていた、オレ偉い。



でも、



そのガソリンスタンド、




つぶれてました。








Fxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxk
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ふざけんな!

もう、こっちは限界なんだよ!!!!!!

もう嫌だ!!!!!!!!!!!





っと、ひとしきり怒りが落ち着いたところで、まぁ、ガス欠なんて自業自得ですから、やり場のない怒りより対処法を考えるために、一服しようとおもい、タバコ入れを、ポケットからとりだしました。



そしたら、タバコない。。。。。


うぜぇ!!!!!!
くっっそぉぉおぉぉぉっぉ!!!!

誰だよ、ってオレなんだけど絶対に悪い何かに浸かれている気がしてならない。



そういえば、カフェカブの会場で最後の1本をすったけどさ。



仕方なく、バイクを一時おいて近くに自販機やコンビニを探すものの見あたらず。


タバコはおろか、水分の補給すらできません。



もう、オレは運命を呪う気分でした。


体力も限界だったので、しかたなく潰れたガソリンスタンドの前で、バイクに座ってしばし、休息というか、放心状態。


だって、そこから先は激しい上り坂なんだもの。




でも、しかたない。

夜には雨が降る予報だ。

「頑張れ、オレ。」と自分に言い聞かせて、バイクをおし、上り坂を歩き始めます。


記憶をたどっても、しばらくガソリンスタンドがないことは分かっていました。



でも、一歩一歩確実に、前に、前に進みます。

着実に、家に近づきます。




そして、先の方に、ガソリンスタンドの看板が見えました。



あそこだ。

今日のオレのゴールはあそこにある。


もう、見える距離まできている。




最後の力をふりしぼり、ちょっと進みます。

今回は、ほんとうに少し進んだだけで、気がつきました。







またしても上り車線側で、わたる手段なし。






FXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXK
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





神よオレが、いったい何をしたというのだ。


道を聞いて教えてもらったガソリンスタンドは反対車線でわたれない位置。
なんとなく覚えていたのを便りに頑張ってたどりついたガソリンスタンドは潰れている。
その後、満身創痍で歩き続けてやっと見つけたガソリンスタンドは、またしても反対車線でわたれない位置。



ついてないにもほどがある。



しかしながら、この道は、オレの家につづく道。
その途中には、確実に何個かガソリンスタンドはある。



もはや、力はのこっていなかったが、他に方法もないので、またしても汗だくのままバイクを押して歩き続ける。



そう、この長い道のりにも、いずれはゴールがくるのだ。





そして、


重たいバイクを押しながら、汗だくで1時間半ほどあるいたところで、やっと反対車線にガソリンスタンドを発見、しかも横断歩道の近く。


そんなこんなで、帰ってきた我が家。

太もも、腕、背中がわの肩甲骨あたり、あらゆる筋肉は悲鳴をあげ、筋肉痛になり、体中がきしんだ。

そして、一服しようと、タバコケースをとりだし、、、、、、、



もう、想像つくよね?


でもさ、言い訳になるけど、本当にね、そんなこと忘れるくらいに歩く事に必死だったんだよ。

そして、それこそ無心に、一歩一歩、力を振り絞ってあるいたんだよ。



自分の部屋で、この日最後の叫び。




Fxxk・・・



もはや叫ぶ気力もなし。





その後、水分補給して、息がととのってから、近所のコンビニへいきタバコを購入。



で、そういえば、釘がタイヤにささっていた事をおもいだし、自宅駐車場で、抜いてみると、勢い良く空気がぷしゅーっと音をたてて、抜けて行きました。


その、音をききながら、一服し、タイヤから漏れる空気のごとく、オレの残りわずかな生命の輝きも身体からぷしゅーっと音を立てて抜けていきました。














という一連の状況を知った某有名カブブロガーが、たった数行に編集してくれました。


帰り道にガス欠して、ガソリンスタンドまで1時間半程カブを押してR246を歩き、カフェカブ参加者と思われるカブにガンガン抜かれて、家に着いてから後輪に刺さっていた釘を抜いたら案の定パンクした。


Fxxk!


次回!

は、ねぇ!!!

もう、カフェカブなんてまっぴらだ!!!!!!!

ファッキン!!!!!!!!!!!
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

09カフェカブ 6位受賞編

カフェカブミーティングでは、人気投票というのがあります。
参加者が「これっ!」っていうカブに投票して、上位は表彰されます。

そして結果・・・・・・

40099037_1753430485.jpg

なんと、僕の愛車が、みごと第6位になりましたー。
パチパチパチパチー(※拍手してください。)

近年のカフェカブはハードカスタム系は敬遠されがちで、組織票なしで6位っていうのは、本当に嬉しかった。

テレスコ等のホンダ的にはやめて欲しそうなカスタムで6位っていうのは、6位以上の価値があると自分で勝手におもってます。


40099037_2936246998.jpg

で、沢山の参加者が見守る中、ステージ上にあげられて奇麗なおねーさんからインタビューされました。

バンドやっててステージ慣れしているせいか、まったく緊張感もなく普通にトークしてきました。

おねーさん「かわいいカブですね〜」
オレ「かわいいでしょ?」
って感じで自分と自分のカブが大好きっていうのを、大勢の前でアピールできて大変満足しました。

行ってよかった(笑)

投票してくれた参加者の皆様、ありがとうございました!

カフェカブレポはまだおわりません。
次回は帰路にあった大冒険です。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

09年カフェカブ カスタム車両編

09カフェカブで、気になったカブの紹介。

※使用している画像で、俺のを勝手に載せるな!って方がいらっしゃいましたら、コメント欄より連絡ください。

一台目に紹介したいのは、コレ!

40099037_1820206213.jpg

リトルカブをさらに小さく、短くした、言うなればリトルリトルカブ。
10インチのタイヤ、それにあわせてフロントもリヤも短く、小さく。

フロント側はフレームカットで詰められるけど、リヤまわりまでホイールにあわせて、スイングアームやフェンダーを切ったり、溶接してつないだりの、メタルワークとは恐れ入りました。

こんだけ小さくしても、ちゃんとカブに見えるようにっていうコンセプトどおりとっても小さいけど、ちゃんとカブですごくカワイイ感じだった!
かなりハードなカスタムをしてるんだけど、そうみえないとこが、また良い!

ちなみにコレが人気投票で見事1位だった車両でした。
優勝も納得のハイクオリティーなカスタムカブでした。


次々いきます。2台目はこちら!

40099037_2499321217.jpg
40099037_478034626.jpg
40099037_1173632760.jpg
40099037_3800589280.jpg

リンクにある「皮カブ的な日常」のSoogieさんのカブ。
※バイクを見ると「革」なんですが、慣例としてリンク等では「皮」とさせていただいております。

カブ自体はノーマルにみえるけど、実はすごくカスタムされています。
これも、かなりいじってるのに普通っぽくみえるところが良いですね。

で、革カブたるゆえんはやっぱり革!
なんと、ほとんどの部分が上質なヌメ革の本革でくるまれています。

シートやレッグシールド等の大物はもちろん、エンブレムなどの凹凸の細かい部分や、なんとリヤサスペンションのスプリングまで本革でくるまれてます。

手入れは大変そうですが、年々革も良い色にやけてきて、ほんとうに渋くてかっこいい大人のカブって感じ。

レザークラフトの技術がプロ並みで、これまた本当にトータルでの完成度の高いカスタムカブです。


3台目に紹介したいのはこちら!

40099037_3365311601.jpg
40099037_2518119994.jpg

こちらは、目から鱗的なアイデアのカブ。
ノーマルは17インチのところを18インチにしてホイールを大きくして、その分フェンダーとかがタイヤに深く被るので、まるでローダウンしたかのように見せかけているのです!

アップでとったフロントは、サイクルフェンダーがサスペンションの動きにあわせてフェホイールと一緒に動くようになってるから、タイヤとフェンダーの隙間がギリギリ!
リヤ部分の写真とりわすれて残念だったぁー!

全体像が移せなくて雰囲気がつたえられませんが、これもカブらしさを上手くのこしつつ、快適な乗り心地のままローダウンに見せかけてる、とってもまとまりのあるカスタムで、すごく良かった。


4台目はこちら。

40099037_1886834153.jpg

見ての通りカブがまっぷたつにぶった切られています!
折りたたみ自転車的な?って、ぜんぜんコンパクトになってないですよ!

でも、実際に走れて、分割もできるっていうのは、とってもすごい技術力。

これも組み立てたときは普通に見えて、このカスタムが役に立つのは、トラックに積む時くらいだろうけど、斬新なアイデアにびっくりしたカブでした。


ラスト5台目に紹介したいのはこちら!

40099037_705028320.jpg
40099037_1610453431.jpg
40099037_25655541.jpg

リンクにもあるコーンというショップのコンプリート車両。
ショップのコンプリートだから若干反則技だけど、さすがのクオリティ。

フレームのストレッチ、センスの良い位置に配置された小さなタンク、絶妙な取り回しで左側に出してるマフラー、そして、細部にいたるまでツルッツルにしあげられたスムージング。

この車両も、普通のカブにはあるはずの凸凹が、これでもかってくらい消し去られていて、奇麗なペイントも相まって本当にツルツル、さすがショップのプロクオリティ、さすがの完成度でした。


カスタム車両編はこの辺で終了。カフェカブレポはまだまだ続きます。
posted by いったんもめん at 21:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

09カフェカブ 参加してきたぞ編

青山のホンダショールームで、世界でもっとも沢山はしっているバイク、スーパーカブのオーナーミーティングがありました。

※使用している画像で、俺のを勝手に載せるな!って方がいらっしゃいましたら、コメント欄より連絡ください。


ショールーム入り口前のスペースに所狭しとカブずらり!

40099037_3103133996.jpg


表にならべきれずに裏にも!

40099037_761417679.jpg


どうやら280台をこえるカブが集まったようです!

40099037_1373842561.jpg


ちなみにオレはエントリーナンバー100番!

40099037_1513064467.jpg

キリ番ゲットで気分も上々!

ところが・・・・・

40099037_208528787.jpg

着いてみたら何と、オレのバイクのタイヤに釘が!!!!!
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!

でも、とりあえず空気が抜ける音はしなかったので、若干気分はへこみましたが、そのまんまそっと、しておきました。

世界中で何万というカブが現役で走っているだろう事を考えると、集まったのはほんの一部っていうことになるけど、ほんとうに沢山のカブがあって、さまざまな年代、それぞれのカスタム、個性豊かなカブを眺めるのは、カブ乗りとしては楽しいイベントでしたー。

カブに乗ってる人、カブを買おうかな?って思ってる人がいたら、来年は是非いっしょにいきませんか?

次回<カスタム車両編>につづく。
posted by いったんもめん at 21:45| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

勝手に Love Cub 50 プロジェクト

HONDAスーパーカブ誕生50周年を記念して、「Love Cub 50 プロジェクト」なるものが、世の中にあります。

http://www.lovecub50.com/

簡単にいうと、各界のアーティストや、映画なんかとコラボしてオリジナルカラーのカブを作るっていう企画です。


オレは、自称アーティスト。
オレだって、ラブカブ50したい。

そんなこんなで、前回までではいろいろと手抜きになっていた部分を見直して、あらたなカラーリングを施して、素敵なカブにすることにしました。

ちなみに、前回(「08カフェカブ青山」間に合わせ仕様)は↓のような感じ。

22193248_1901967076.jpg

22193248_816449042.jpg

22193248_1361820769.jpg

ブラックにサイドカバーの白が浮いててあまりにカラーバランスが悪いので、ホワイトリボンタイヤに変更して、ついでに知り合いの絵描き・イラストレーターのyukiemに油性ペンキのペンで直書きでイラストを入れてもらいました。

22193248_3647277161.jpg

982212829_39.jpg

まぁ、予想どおりといえば予想どおりですが、油性のペンキペンだったので、この金色で入れた花柄は、みごと数日で擦れてなくなりました。


で、この時は締め切り(カフェカブ)に間に合わすために、とりあえず走れるようにナンバーやウィンカーつけただけ!みたいな感じでした。

ので、実は「リヤフェンダーほしいよなー」とか、「ハンドルストッパーの位置が気持ち悪いなー」とか、「ニュートラルランプつかないなぁ」とか、「これナンバーはずすと、ただぶった切っただけのカブフレームで非常に醜いよなぁ」とか、もろもろの不具合や、いい加減な仕上げ随所にあります。


アーティスティックとはほど遠いカブ。

でも、スタイルとかは大体いい感じだったので、コレをペイントメインで、カスタム。
バラバラにするついでにいい加減だったメタルワークの見直し、リヤフェンダー、エンジンパワーアップ、その他もろもろ!を行ってアーティスティックにしました。

で、バラしてから1年。
その間、走れる形になってたのはカフェカブ前後の1週間ほど。
今回こそは、完成しましたよ。
薄暗い駐車場でとってるから、ピント甘いけど、じゃーん!

22193248_3358804554.jpg

22193248_1751889075.jpg


22193248_2898754390.jpg

22193248_925346298.jpg

今回は、アメリカ西海岸、キャルルックと呼ばれるカスタムの流れを意識して、フレーム色はあえて下地に使うサーフェイサーのようなライトグレー。

タンクとサイドカバーは、絵描き・イラストレーターyukiem氏によるアートワーク。
手書きの風合いがナイス。

エンジンは超マッスルで、フレームもばっきばっきにいじってるけど、甘くてカワイイ外観。
ファンタジスティック!

もうね、かわいい。しぬほど。


でもね、残念な事実。
オーナーで、コレに乗る俺がアラサーのおっさん!ってことw

これってさ、たぶん女の子が乗ったら似合うとおもうんだよね。

っていうわけで、撮影用に女子スカウトしました。
(嘘です、カブ乗り友達と遊びがてらまたがっていただきました。)


22193248_2974059283.jpg


うん、これ絶対、女の子がのってたほうが似合うよね!
っていうかコレにオレがのってたら、若干きもちわるいよね。
っていうか、そんなのの周りを走るカブ友達が一番の被害者だよね。

大丈夫自覚してる。

でも、カブ乗りの友達のみなさん、オレの事嫌いになったり、ツーリングにこっそりオレだけ誘わないとか、そういうことしないでね。


今回は本当に色んな人のお世話になって、この形にできました。
ペイントしてくれたyukiemちゃん
フレーム加工でお世話になった方々。
いろんなところで、知恵や技術力をおかしいただいた、カブ仲間の皆様。
ありがとうございました!
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

08カフェカブ

982212829_39.jpg

22193248_3647277161.jpg


青山に400台弱のカブの群れ。

まぁ、世界で一番沢山走ってるバイクだもんね。
にしても、おおいっつーの。

なんか、オレのカブがなんとなくでも走れる状況なのは、毎年このイベントの前後だけなような気がする。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

思い返すと切ないよ、だからもう一度

好きなのかも知れない。

それほどとは自分で思ってなくても。


とは言っても、時はつつがなく流れるものだから、あの頃のようには愛せない。


それでも、「やっぱり、あの娘じゃなきゃダメなんじゃない?」なんて問われると、そんな気がしてくる。






なんの話ってカブよ。

50周年のホンダスーパーカブよ!

ツーリングすっぽかしといて何だが、季節も良いせいか久しぶりに乗ったら気持ちいいんだもん。夏くらいを目処にちょいちょいいい加減になっちゃってる部分治そう。


無理矢理気味にカブ気UP宣言。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

前から 後ろから 横から

390219195_118.jpg

390219195_12.jpg

390219195_227.jpg

かっこいい。
自画自賛。

最近は忙しい事もあり、たまにしか乗らないけど、こないだの夜中にコーヒーを飲みに行くだけのツーも楽しかったし、大きくカスタムするのはここまでにして、ちょこちょこ走りにいきたい。

あったかくなってきたし。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

カブの組み立て-その1

今日は休みの日なのに、ちゃんとお昼過ぎ(この時点で挫折気味)に起きて、塗装ー本塗り開始。

フレームとタンクはまぁまぁなんだけど、カブラがひどい。
垂れる垂れる・・・・。

もういい。
と、あきらめてからは作業がはやいので、塗装もおわり、おいとく場所もないので、組み立てはじめました。

一人では手に負えない!と、ヘルプすると、ひらやまさんとけんけんが速攻駆けつけてくれました。ありがたやぁ。

で、前後足周り、エンジン等々付け替えました。

255205204_149.jpg
255205204_128.jpg

あと残った課題は・・・・
・電装系
・シート(今までのじゃシートひらけなかった・・・・。)
・切れ角が大きすぎてハンドルストッパーを溶接しなおさないと、タンクが凹む、俺も凹むことウケアイ。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

カブの塗装

カブの塗装に、挑戦しています。

大掛かりに、かなりの\を投入している今回のカスタム。
とうとう、弾切れで塗装までは出来なかったのです・・・。

知り合いのアドヴァイス、ネットで調べて塗装に励んでいます。

なにやら塗装は下地作りが8割、上塗り・仕上げが2割というほど、下地作りが重要らしいです。

神経質なぼくは、途中まではかなり神経質にやってました。
タンクの錆とり、サフェ吹き、パテ、もう一度サフェ。
まあまあよくできてきていると思います。

が、もう、そこで0型らしい「まぁ、いっか」病が・・・。

フレームのテールランプステーを切り落とした際の凹み、剥がしきれなかったステッカー、入り組んでて、落としきれていない錆。入り組んだ部分の塗装剥がしがいい加減、足付けもいい加減なスイングアーム。

それらの、「まぁ、いっか」な、ぜんぜん良くないパーツたちを、「まぁ、いっか」クオリティでパテ&サフェ。

ひっどい出来になる匂いがぷんぷんします。

とても後悔しています。
お金かけてでも、外注したほうが、ぜったいいいです。
楽だし、クオリティもぜったいいい。

しかも、塗装のクオリティって出来上がった車体の印象を大きく左右する部分です。

でも、もう後にはひけません。
このまま、次の休みにはとりあえずカブラの下地です。
やってみて、見るに耐えなかったら、冬の間に外注しよ・・・。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

ガス欠

今日の朝。気持ちよくというよりは、むしろ軽く不快なほどの日差しと暑さのなか、246を爆走していると、環8の手前あたりで、プスン、ぶろろ〜プスン。

もう、幾度となく味わっているガス欠。
何度も確認したので、リザーブのつなぎ間違いということも、ONのつもりがリザーブだったってこともない。

あわてずに、4速でエンブレを最小限にしつつ、軽くアクセルを煽りエンジンが止まる前に、ガソリンコックをひねる。

が、その直後、止まる。

いつもなら、コレで、数kmは走れるのだが、暑さか、なんか知らんが、まったくエンジンがかかりません・・・。

仕事に間にあわねぇじゃん。っつうかね、ここ上り坂じゃん(涙)

とりあえず、むかつくほどテンションの高い太陽のしたを、バイクをおして上り坂を登る。

環8まで上りきって、コンビニでGSの場所を聞く。
「この道をこっちに、だいたい5〜600m先くらいに」



マジですか・・・?
すでに15分は上り坂をおしてきて、ポロシャツもじっとり塗れて今この瞬間もあごから汗が滴っているというのに。



会社につく頃には、一日分のエネルギーの80%は使い切っていました。
バイクのガス欠は解決し、仕事にもほとんど影響のない程度の遅刻(わずか5分!)ですんだのですが、僕自身が完全にガス欠でした。

ちゃっかりさらさらパウダーシートをゲッツして、汗を拭けたので、会社で不快な思いをせずにすんで、良かったです。ホント。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

フォーク延長希望

フォークを延長したいのだ。

が、オレのフォークはドリーム50。

車種が車種だけに延長キットなんて出てないのだ・・・。
どうしたものか・・・。

ワンオフ!!!といきごんでGクラに頼んでみるも、
あっさりと「ウチはワンオフやってないので」って・・・・。
やってただろ!!その昔は!

カブから撤退、XR登場でApeパーツ激減。
もうGクラ嫌いです。あんなん高いだけです。
(でも本当は好きです。かっこいいし。)

それはさておき、フォーク延長キット。

アメリカンとかだと結構あったりするし、
でっかいバイクだと需要があるのか結構でてるのだが、
27パイのMINIバイク用のパーツってのは出てないのよね。

モンキーとかだといろいろありそうだけど、元が短すぎるし、
他車種流用すればいきなりロングフォークなわけで。
いろんなフォークでているけど、長くてもそれはモンキーに比べれば長いってだけなわけで。

フォークジョイントか、インナーフォークそのものをワンオフ
だれかやってるところ教えて。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

フロントディスク化準備中

サイト放置。
忙しくほとんどカブのイベントにも顔をださない。

そろそろカブ界の知人の記憶より抹消されかねません。
というか一部の人の頭では抹消されているかも・・・。

というわけで、近況報告。

現在ディスク化にむけて作業中。
仮組みも終わりほぼ完成なのですが、
いかんせん作業する時間もあまりとれません。

気長にのんびりやってます。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年05月20日

やっとテレスコ化!

※昔過ぎて時期不明。例によってだいたいこの頃っていうUPです。

というわけで、バイク屋さんのパーツチョイスや溶接加工、配線やりなおし等々を経ていきなりテレスコ化完成。

stoper.jpg

ベンリーさんと同じ位置、同じ場所にストッパーを溶接し同色に塗ってペイントしてもらいました。

handlerock.jpg

ハンドルロックも元々カブについてたやつを移設してもらい、ハンドルロック用の穴をあけてもらいました。


で、レッグシールドですが、エアクリの蓋とフロント側はプランプランでした。
が、なんとか付きました。
こっから先は自分でやれって事らしいです。


写真はありませんが、Ape用のメッキライトとキタコのミニミニスピードメーター、あとキーボックスがちょうどいい位置についてて、カブサイズの太さのアップハンドルとカブのスイッチがつけられていました。

うーん。
ナイス。


で、帰ってさっそく、レッグカバーとエアクリのフタ部分にとりかかります。

regsute.jpg

コレが前側の取り付け。
噂のエアクリ穴から撮影。
レッグシールドはフレームよりかなり外側にありますので、適当にアルミのステーをうにゅーっと曲げてちょうどいい位置でネジ止め。

futacrose.jpg

で、問題のエアクリの蓋。
結構ちゃんと付いているように見えますが、
じつはすこーし隙間があります。
しかも手作り感満載。でも、いいのぱっと見平気だから。
取り付けは下部はステンレス製の蝶番を2つ組み合わせてあります。
上部はカギ用の金具で引っ掛けて閉まるようにしてあります。

futaopen.jpg

で、こんな具合にパカっとひらきます。
さてここの空間に何をつめようかな〜。
せっかく開けるようにしたので灰皿とかいいかな?



そして、ついでに、フロントのサスペンションが変わったので、リアサスも変えてみます。

実はエアクリと同時にアウトスタンディングのブラックショックをかっておいたのです。

カブラがついてるので、ついでって感じではやれないことが判明しましたが、その時点ではすでにカブラを外しかけていたので頑張って最後までやりました。

turing03_17.jpg

で、こんな漢字で完成。
結構キュートなルックスにしあがりました。
※写真はテレスコ後しばらく立った写真。この時期のカブの写真でロクなのが発掘できなかったので、これで。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年05月15日

自力でテレスコしてみたものの

バラバラにしちゃって、ベンリーさんを元にもどすことも出きないので、とりあえずキャロラインもバラバラにしてみます。

フロント側の構造がベンリーさんと全然ちがうのね。

ネットの情報をたよりに、ガンガンバラバラにします。
で、バラバラに。

もう、どっちも戻せません。


やるしかない!
逃げちゃダメだ!


ってなわけで、オークションで落札しておいた社外のトップブリッジを使って、ベンリーさんの足回りをカブに移植作業です。


前回ベンリーさんをバラバラにしたときと逆の手順で、組み立てます。

どれくらい締めればいいのかとか分かんないけど、形をみながらとりあえず、がんばって組み立ててみました。


が、



あれ?


アクセルとかスイッチとかつかないんだけど・・・?



キースイッチを付ける場所が無くね?



なんか、配線ごちゃごちゃで、わけわかんない。



ハンドル位置がやたら低くない?



っていうかカブの命ともいえるレッグシールドもつかないじゃないか!



途方にくれかけますが、あきらめたらそこで試合終了です。


とりあえず、アクセルとスイッチ類をベンリーさんについてたやつを使うことで解決。
でも、解決できたのは、ここだけでした。



レッグシールドなし、ライト・ウィンカー・ニュートラルランプなど無点灯、やたらとスポーティーなハンドルポジション。


いけてなーい感じで、もはや手に負えなくなったが、とりあえず、ブレずに走れるしブレーキもなんとか効いてるから良しとして、無灯火のままバイク屋へ乗っていきます(良い子は真似しないでね。)。



そして、バイク屋さんで、色々と教えてもらいます。

バイク屋のおっちゃん「カブのハンドルと一般的なバイクのハンドルは太さがちがうからカブの使えないよ?」

もめん「いや、どーしてもカブのがいいんです。ウィンカー戸惑し。」

おっちゃん「じゃぁー、デイトナから19パイのハンドル出てるからコレはどう?」

もめん「低すぎるハンドルは非常に乗りにくいので、アップタイプのハンドルでお願いします。」

おっちゃん「あとベンリーのメーターは50cc用だから90だと表示できないね。」

もめん「じゃあ90でも表示出来る奴で。」

おっちゃん「ライトとメーターが一体のと別々のがあんだけどどっちが良い?」

もめん(パーツカタログを見ながら)「このメッキのライトにしたいです。」

おっちゃん「それだとライトにメーターはいらないから、メーターは別付けで、キーシリンダーもこの位置で・・・」

と言った具合に、話がすすんでいきます。
ベンリーそのまま手に入れてくっつけるつもりだったから意外といろんなものがいるんだなって感じながら支払い予測をたてて、ご飯を節約することを心に誓います。

もめん「あと、レッグシールドをどうしても付けたいんですが、郵便やさんのカブのレッグシールドなら付くって聞いたんですけど。」

おっちゃん「部品は取り寄せられるけど、つくかわかんないよ。それでもいい?」

もめん「ネットの情報信じます。それもお願いします。」

おっちゃん「それから、ハンドルストッパーとハンドルロックの穴もあけなきゃね。」

もめん「なんですか?それ?でも、やんないとヤバイならやっちゃってください。」



と言った具合に、中途半端なところまで自分でやってはみたものの、結局最後はプロの手に。


つづく。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年05月01日

はじめてのカスタム。

※昔過ぎて憶えていないので例によって、だいたいの時期の日付でUPします。

とはいっても、新車で50を購入したときからカブラがついていたわけで、ノーマル状態のカブに乗っていたことはないのですが、自分でやろ!って思ったのが初めてって意味で始めてのカスタム。

カブ90をオークションでお金ためながら、ちょくちょく見ているうちにカスタムしているカブ達をみかけました。

バーハンドルにしてハンドルまわりがすっきりしてるのがあって、ご近所に出てくるカブにも似てたので、まずはバーハンドルにしようと思ってました。

しかし、ネットの海で色々しらべてると、3人ほどカブのフロント周りをごっそり変えている人たちがいました。

なんかもっさりしてるフロントフォークがシュピーンってしたバイクっぽいフロントフォークになっています。

バーハンドルにするにも結構お金かかるしなー、なんて思っていた頃、たまたま知人経由で「ベンリー50要らない?」なんていう素敵な話が舞い込んできました。

ベンリーのフロントなら無加工でごっそり付け替えられるぞって知っていたので、3万円でベンリーさんを引き取ってきました。

どのパーツが必要なのかとか、構造とか全然わかんなかったから、とりあえずベンリーのフロントまわりをバラバラにしてみました。

うーん、カオス。
もう、元に戻すこともできないし、不安だ。。。

とりあえずベンリーさんはフロントがない状態で放置。

キャロラインは手付かず。。。。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年04月05日

届いたー 届いた!

※昔過ぎて詳細な時期は憶えてないけどたぶんこの頃。

出品者さんのご行為で、自宅まで運んでいただきました!
ありがとう!!

マフラーはウィルズウィンのショートダウンタイプがついてましたが、ノーマルマフラーまで持ってきてくれました。ありがたや。

早速ナンバーを取得し、とりあえずそのまま走ってみます。

50とちがって超パワフル!
はやいー!!
長いストレートとか幹線道路なら最高速で100km/h越え(良い子は真似しないでね)。

※あとで分かったことですが、普通のノーマル90では100km/hも出ないらしいです。吸排気がノーセッテイングだったのに奇跡的に相性が良く、いわゆる当たりエンジンで、しかも工場でライン作業で組んだエンジンではなく前オーナーがきっちり完全オーバーホールしてくれていたお陰でこのパワーとスピードだったようです。

で、さっそくトレードマークのカブラサイドカバーを取り付けます。

色が全然ちがいますが、塗装なんてとても自分では無理。
「同じ青系だし、良いや」早速取り付けます。

ウィンカーの配線部分とかで悪戦苦闘しましたが無事とりつきました。

ついでに、アウトスタンディングで購入しておいたエアクリもつけてみます。

で、さっそく近隣を走りまわってみます。

エアクリかえたら、エンジンが空気を吸う音がシュココココーってなりました。

吸排気をいじるとキャブの調整が必要って、様々なサイトに書いて有りましたが普通に走れるので、このままで良い気がしました。

でも、90はムフフっとカスタムする予定!!
ムキャー!!!
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年04月01日

やっとキャロライン購入

※本当に昔過ぎてさっぱり時期がわかりませんが、だいたいこの頃です。

カブって意外と高いのね。
需要があるってことか、丈夫だしレトロなビジバイスタイルがいい味だしてるもんね。

さて、ネット上でカブについて調べまくっていると、どうやらお気に入りのC50STDカラーのPB-66はカブ90にはない事が判明しました。

なのでボアアップにしようとおもったのですが、今度は、タンデムの壁が。

フレームが50ccなのでボアアップして申請しても基本的には乗車定員1名のままなので、タンデムしちゃだめみたい。

もともとタンデムが目的だから、移設予定のカブラと色が違うけど青いC90DXに的をしぼりました。

あと、4速とかセルとか良くわかんないけどあった方が便利な機能的な違いがあるようでしたが、とりあえず、お金もそんなにないので良いことにしました。

ヤフオクで、粘り強くカブの出品をみまもっていたところ、お隣の横浜市で「C90 近県発送します。」というのを発見。

走行距離は30,000km。
20,000kmでエンジンオーバーホール。
ホンダ純正(輸出用?)ダブルシート、ウィルズウィンのショートダウンタイプマフラーがついていました。

とりあえず、持ってきてくれるそうなので、ちょっとくらい高くてもいいやって思ってだいたい8万くらいで落札。

カブ90キャロライン号がとどくまで、いままでの50STDのマリーちゃんからカブラを外しノーマルに戻します。

このとき初めてバイクのネジを自分で回しました。
ネットで見るまではバイクなんて自分で弄っちゃいけないモノだと思ってました。

悪戦苦闘してやっとカブラをはずしノーマルに戻せました。

知識なんかなくてもやってみれば結構できるもんですね。

その後50ccは走行距離も少なく、あまり乗ってない上にカバーつけて保管してたのでキレイだったこともあり5万円もの大金で知人へ引き取られて行きました。

カブの相場がさっぱりわからないので、90の購入代金も、50の売値も、高かったのか、安かったのかさっぱり分かりませんが、とりあえずOKです。


そして、90が届くまでの間、アウトスタンディングでエアクリーナーを購入。
なんか、どういうパーツか分かんないけどコッチのほうがカッコイイ気がしたから。


早く来いカブ90!
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1998年06月01日

カブ購入

もはや、昔過ぎて正確な日時は不明。
高校生の頃に買ったので、だいたいの年月日はあっているはず。

きっかけは、「ご近所物語」と言うマンガ。
カブ以外の原付を買うことすらプランに入ってませんでした。

当時はまだリトルカブ発売直前で、スーパーカブの方しか買えませんでした。

塗装がきれいなDXと塗装が悪く言えば安っぽいSTDがありましたが、
STDの色(PB-66)の方がレトロっぽくて、STDにしました。

新車購入であわせて、カブラサイドカバー(丸い方)も取り付けてもらって購入。

しばらくは、ノーマル50ccのカブラスタイルで乗っていました。
posted by いったんもめん at 00:00| Comment(0) | Cub-キャロライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。